ブルックリン・ベッカム&二コラ・ペルツ、嫁姑問題の噂に初コメント

ブルックリン・ベッカム&二コラ・ペルツ、嫁姑問題の噂に初コメント

ブルックリン・ベッカム&ニコラ・ペルツ、嫁姑問題についてコメント(C)AFLO

今年4月に結婚したブルックリン・ベッカムとニコラ・ペルツ。先日、ブルックリンの母ヴィクトリア・ベッカムと二コラの間に確執があるのではないかと報道されたが、Varietyのインタビューで2人がはじめてこの噂に答えた。

 父は元サッカー選手のデヴィッド・ベッカム、母はファッションデザイナーのヴィクトリア・ベッカムというブルックリンと、実業家で大富豪のネルソン・ペルツを父に持つ二コラ。2人は今年4月に、米フロリダ州パームビーチにある二コラの両親所有の邸宅にて豪華結婚式を挙げ、晴れて新婚カップルの仲間入りを果たした。

 しかし今月、この結婚式を巡ってブルックリンの母ヴィクトリアと関係が悪化していると報道された。Page Sixによると、2人は冷戦状態で、「お互いに耐えられない。口も聞いていない」「結婚式の準備はまるでホラーだった」と関係者が証言。「二コラはヴィクトリアに結婚式の準備には一切口を出して欲しくないと思い、何も教えなかった。会話は最小限でした」とコメントしているという。

 この度Varietyがブルックリンの特集を掲載。インタビューの中でこの噂について触れられると、同席していた二コラは、結婚式でヴィクトリアのウエディングドレスではなく、ヴァレンチノのドレスを着たことが、噂の発端になったと思うとコメントした。

 「(ヴィクトリア・ベッカムのドレスを)着るつもりだったし、本当に着たかった。でも後に、彼女のアトリエでは作れないことがわかって、違うドレスを探さなくてはいけなくなった。彼女は『(ヴィクトリアのドレスを)着ないで』なんて言わなかったし、わたしも『着たくない』なんて言っていない。なのにここから噂がどんどん広がっていったの」と明かした。

 一方のブルックリンは、「メディアはいつでもこういう記事を書こうとすると勉強になったよ。こんな風に人々を陥れようとするんだ。でもみんな仲良くやってるし、良い感じだよ」とコメントしている。

関連記事(外部サイト)