『オールドルーキー』津田健次郎&平田広明の熱演に歓喜と称賛続々「イケオジすぎる」

『オールドルーキー』津田健次郎&平田広明の熱演に歓喜と称賛続々「イケオジすぎる」

日曜劇場『オールドルーキー』第7話にゲスト出演した津田健次郎(C)TBS

俳優の綾野剛が主演を務める日曜劇場『オールドルーキー』(TBS系/毎週日曜21時)の第7話が14日に放送され、ゲストとして声優の津田健次郎と平田広明が登場すると、ネット上には「声優祭りじゃん」「イケオジすぎる」などの書き込みが相次いだ。

 ある日、スポーツマネージメント会社「ビクトリー」に車いすテニスプレーヤーの吉木修二(福山翔大)がやってくる。パラリンピックの日本代表候補として注目される吉木は、スポンサーを探すためにマネージメントを依頼。新町(綾野)が吉木をサポートするために奔走する。

 新町は、吉木に競技用車いすを無償提供している「オー・エックス・エンジニアリング」を訪ねる。技術担当の矢部(津田)は吉木に車いすの調子を聞きつつも「ちょっと来い! 見せろ!」と彼を外へ連れ出す。

 ドラマ『最愛』(TBS系)での好演も記憶に新しい津田が、無骨な職人といった雰囲気の矢部を抜群の存在感と持ち前の美声で体現すると、ネット上には「爆イケ演技ですよ津田さん」「めちゃくちゃ素敵!!」などの声が続出。

 また第7話の中盤では、スポンサー探しを続ける新町が大手企業「日本海上運送」を訪問。向かい合った社長の湊(平田)は真剣な表情で「まずはパラスポーツを応援する意義とは何か…それを教えていただきたい」と問いかける。

 アニメ『ONE PIECE』(フジテレビ系)ではサンジの声を担当し、洋画の吹替版ではジョニー・デップやマット・デイモンらの声を担当してきた平田が重厚な演技を披露すると「平田さん…!サンジの声の人でしょ…やっぱり良い声だわ」「突然のいい声でびっくりしたら平田さん」といったコメントが集まった。

 津田と平田のゲスト出演に対して、放送後にも反響が寄せられ「今日のオールドルーキーは声優祭りじゃん」「好きな声優さん2人も出てて、もう感動」などの投稿や「平田さんも津田さんも渋いわあ」「イケオジすぎるだろ」といった声が多数寄せられていた。

関連記事(外部サイト)