『2022世界バレー 女子大会』、TBSで日本戦全試合放送 テーマソングはTHE RAMPAGE from EXILE TRIBE

『2022世界バレー 女子大会』、TBSで日本戦全試合放送 テーマソングはTHE RAMPAGE from EXILE TRIBE

『2022世界バレー 女子大会』、TBSでテーマソングを務めるTHE RAMPAGE from EXILE TRIBE(C)TBS

8月26日にポーランドとスロベニアで開幕する2022世界バレー男子大会、9月24日よりオランダとポーランドで開幕する2022世界バレー女子大会。大会を盛り上げるTBS公式テーマソングにTHE RAMPAGE from EXILE TRIBEの「ツナゲキズナ」が決定した。

 3大会ぶりのメダル獲得を狙う日本女子。ロンドン五輪銅メダルに導いた名将・眞鍋政義が5年ぶりに監督に就任。東京五輪でもエースを務めた古賀紗理那を新キャプテンに任命し、再び世界のトップ戦線に返り咲こうと「Break through」(ブレイクスルー)“世界の突破口を見出そう”という意味を込めたスローガンを掲げ、チーム強化に取り組んできた。

 そんな日本女子に心強い援軍として、TBS公式テーマソングにダンス&ボーカルグループTHE RAMPAGE from EXILE TRIBEが書き下ろした「ツナゲキズナ」が決定。歌詞には「シビれるほどのラリー」、「誰よりも高く飛んで」などの言葉が入り、バレーボールの魅力が存分に詰まった楽曲となった。眞鍋ジャパンが掲げる「ブレイクスルー」も歌詞の一部に採用されている。

 THE RAMPAGE from EXILE TRIBEのリーダー・陣は「これまで数々の偉大なアーティストの方々が務められた“世界バレーのタイアップ”という事で心から光栄に思うと同時に、責任感も強く湧き上がってきました。楽曲のタイトルが『ツナゲキズナ』ということで、絆が導く勝利/奇跡を歌った楽曲で、聴くと前向きな気持ちになれるそんな一曲に仕上がっています。選手の皆様をはじめ、多くの方々に元気を届けられたらと思います!! ガンバレ日本!」とコメント。

 そしてボーカルの川村壱馬は、「まず最初に、この世界バレーを音楽を通して応援させていただけること、心から光栄に思います。レコーディングでは、魂を込めて闘う、計り知れないほどの道のりを歩んでこられている選手の皆様のことを想いながら、必ず皆様の力になる楽曲となるよう願いながら自分も魂を込めて歌わせていただきました。皆様が事故やお怪我なく、素晴らしい結果へと繋がりますよう心から祈っております」とコメントした。

 また楽曲を聞いた、バレーボール女子日本代表・眞鍋監督は、「世界バレー12年ぶりのメダル獲得へ、チームの強化に取り組んでいます。今年のテーマ“Break through”という言葉を歌詞にいれていただいて、我々としては非常に嬉しいし、やりがいを感じています。2010年の日本で行われた世界バレーで銅メダルを獲った時は、EXILEさんとコラボしていただいて一緒にメダルを獲ったという思いです。モチベーションを上げて9月25日のコロンビア戦からこの音楽と一緒に勢いをもっていきたいです」とコメントした。

 『世界バレー女子 オランダ・ポーランド大会』日本戦全試合は、地上波TBS系にて9月25日より中継。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?