世界最高峰のミュージカル・スターが競演、『トゥモロー・モーニング』を映画化 12月に日本公開

世界最高峰のミュージカル・スターが競演、『トゥモロー・モーニング』を映画化 12月に日本公開

映画『トゥモロー・モーニング』ティザービジュアル(C)Tomorrow Morning UK Ltd. and Visualize Films Ltd.

ロンドンで喝采を浴びたミュージカルを映画化した『Tomorrow Morning』(原題)が、邦題を『トゥモロー・モーニング』として、12月に全国公開されることが決定。併せて、ティザービジュアルと、本作に出演するラミン・カリムルーからのメッセージが解禁された。

 愛しているのに、すれ違ってしまう心と心。あの頃のふたりは素晴らしかったのに…。ローレンス・マーク・ワイスが脚本・作詞・作曲を手がけたオリジナルミュージカル『トゥモロー・モーニング』は、1組のカップルを結婚前夜と離婚前夜、過去と現在の2つの時間軸で追った物語。2006年にロンドンのウエストエンドで初演後、ニューヨークのオフ・ブロードウェイなど各国で上演され、熱烈な喝采を浴びた。日本でも2013年、シアタークリエで石井一孝、島田歌穂、田代万里生、新妻聖子という実力派キャストにより上演された。

 このたび、完全映画化された本作では、世界最高峰のミュージカルスターが競演。舞台『アナと雪の女王』のエルサ役や舞台版&映画版『レ・ミゼラブル』のエポニーヌ役でも知られるミュージカル界のビッグ・スター、サマンサ・バークス。そして『レ・ミゼラブル』でトニー賞ミュージカル主演男優賞にノミネートされ、ブロードウェイ・ワールド ミュージカル主演男優賞を受賞し、『オペラ座の怪人』『ミス・サイゴン』などのミュージカルで主演を務めてきたラミン・カリムルーが、エネルギッシュなナンバーを熱唱。監督を務めるのは、ラミンとサマンサが日本で競演した『CHESS THE MUSICAL(チェス)』の演出・振付家ニック・ウィンストン。

 ロンドンを舞台に、別れの前夜、ふたりの心に甦る愛の軌跡(そして奇跡)を、世界最高峰のミュージカル・スター2人が情感を込めて歌う新感覚のラブ・ミュージカルとなっている。

 ラミン・カリムルーは「映画『トゥモロー・モーニング』が日本で公開されることに、興奮しています。サマンサ・バークス、そしてニック・ウィンストン監督との撮影は、特別な時間でした。撮影中は家族のようで、全員が情熱を注いでいました。音楽も素晴らしく、日本の皆さんが映画を観て音楽を聴いてくれることを、とても楽しみにしています」とのメッセージを寄せた。

 映画『トゥモロー・モーニング』は、12月全国公開。

関連記事(外部サイト)