小雪、12年ぶり映画主演 『桜色の風が咲く』で世界初の盲ろう者の大学教授の母に

小雪、12年ぶり映画主演 『桜色の風が咲く』で世界初の盲ろう者の大学教授の母に

映画『桜色の風が咲く』ポスタービジュアル(C)THRONE/KARAVAN Pictures

女優の小雪が、世界で初めて盲ろう者の大学教授となった福島智(ふくしまさとし)さんの生い立ちを描く映画『桜色の風が咲く』で主演を務めることが発表され、ポスタービジュアルが解禁された。小雪が映画主演を務めるのは12年ぶり。視力と聴力を次々と失いながらも、大学に進学する息子を支える母を演じた小雪は、脚本について「圧倒的な親子のエネルギーの詰まった魂に衝撃を覚えた」とコメントを寄せている。

 9歳で失明、18歳で聴力を失いながらも世界で初めて盲ろう者の大学教授となり、東京大学の教授として教鞭をとっている福島智さん。2003年にはTIME誌による「アジアの英雄」に選出され、現在は、東京大学先端科学技術研究センターバリアフリー分野教授を務めている。

 本作は、そんな智さんと母・令子さんの実話に基づく、智さんの幼少期から大学受験までの姿を描く物語。ひとつひとつ困難を乗り越えながら、人生の可能性を広げていく二人の姿が胸に迫る温かな人間賛歌だ。劇中では、令子さんが盲ろう者である智さんとの日常の中から考案した、リアルタイムで言葉を伝える新たなコミュニケーションの手段“指点字”の誕生秘話も描かれている。

 幼い頃からやんちゃで明るく、自身の可能性を諦めない智を支え、母としてのたくましさを得ていく主人公・福島令子を演じたのは、『ALWAYS 三丁目の夕日』ほか多くの作品に出演する小雪。本作の脚本を読み出演を熱望したという小雪が、12年ぶりの主演作で新境地を開く。智役には、『朝が来る』など多数のドラマや映画に出演してきた気鋭の若手俳優・田中偉登。愛すべき楽天的な姿とともに、内面の深さをも体現する。夫・正美役には吉沢悠。そのほか、リリー・フランキー、朝倉あきが顔を揃える。監督は、『最後の命』『パーフェクト・レボリューション』の松本准平。

 主演の小雪は、初めて台本を読んだ当時を振り返り「圧倒的な親子のエネルギーの詰まった魂に衝撃を覚えたことを今でも覚えています。福島先生のたおやかさの中に芯のある強さを感じ、それを支えるお母様のご苦労も想像を超えるものだったかとお察ししました」とコメント。そして「世の中が不安定な中、この作品が皆様にとって光の道筋となるような、ご覧になった方々の明日を生きる活力のエッセンスになりますように」と言葉に力を込めた。

 智役の田中は「お母ちゃん役の小雪さんには幾度となく助けていただきました。何も見えない世界で、唯一の頼りのお母ちゃんの腕から離れると取り残されたような感覚に陥り恐怖に押しつぶされそうになりました。摑まっているお母ちゃんの腕の安心感は僕にとって光でした。芝居を重ねていく中で自然と生まれたお母ちゃんと智の信頼関係は本物に近いものだと感じています」と小雪との共演を振り返り、「どうしようもなく心が折れそうな時、踏ん張る力をくれる映画です。『笑顔』で前を向き進んでいけば道は開けると僕が福島さんから学び感じた事がスクリーンを通して皆さんに伝わると嬉しいです」とメッセージを寄せている。

 ポスタービジュアルは、小雪演じる令子が凛とした姿で息子・智(田中)を遠くから見守る姿と、智が桜咲くころの風を感じる姿を、桜の花びらで彩りながら配置した美しい色合いのビジュアルとなっている。

 映画『桜色の風が咲く』は、11月4日より全国順次公開。

 ※キャスト・監督・プロデューサーコメント全文は以下の通り。

<キャスト・監督・プロデューサーコメント全文>

■小雪(福島令子役)

初めて台本を読ませて頂いた時の、圧倒的な親子のエネルギーの詰まった魂に衝撃を覚えたことを今でも覚えています。福島先生のたおやかさの中に芯のある強さを感じ、それを支えるお母様のご苦労も想像を超えるものだったかとお察ししました。

障がい者というと、人は憐れみや同情を思い浮かべるかと思われがちですが、希望そのものだと私は感じています。世の中が不安定な中、この作品が皆様にとって光の道筋となるような、ご覧になった方々の明日を生きる活力のエッセンスになりますように。

この作品に携わり、そして無事にお届けできる事が出来て幸せに思っています。最後に、制作チームはじめ作品に力を注ぎ公開に向けて携わってくださった全ての方々に感謝致します。

■田中偉登(福島智/青年期役)

福島さんの人生を映画の中で生きるという緊張と責任、何一つ濁すことなく伝えたいという熱を持って常に監督と話し合いながら撮影に臨みました。

僕が智として生きる上で一番大事にしていたのは福島さんの「笑顔」です。撮影が始まるまでの数ヶ月、福島さんのもとに何度も通い、点字の打ち方や白杖を持っての歩き方を教えてもらいながら目が見えなくなった時、耳が聞こえなくなった時などの話をたくさん伺いました。僕には想像できないほどの苦労や痛みを伴う過去でも笑顔で話す姿がとても印象的でした。そして、どんな状況でも諦めず自分が出来る事を見つけ、今では同じ境遇にある人たちの道しるべになる福島さんの強さと優しさをいかに表現できるかはこの「笑顔」にかかっていると思って演じました。

お母ちゃん役の小雪さんには幾度となく助けていただきました。何も見えない世界で、唯一の頼りのお母ちゃんの腕から離れると取り残されたような感覚に陥り恐怖に押しつぶされそうになりました。摑まっているお母ちゃんの腕の安心感は僕にとって光でした。芝居を重ねていく中で自然と生まれたお母ちゃんと智の信頼関係は本物に近いものだと感じています。

どうしようもなく心が折れそうな時、踏ん張る力をくれる映画です。「笑顔」で前を向き進んでいけば道は開けると僕が福島さんから学び感じた事がスクリーンを通して皆さんに伝わると嬉しいです。

■松本准平(監督)

福島智さんと出逢い、魅了されて、その思索と半生、そしてお母様・令子さんのことを知り、この親子の物語を映画にしたいと思いました。

自分の小さな苦しみを、智に重ねながら始めた作品でしたが、いつの間にか、母の愛の圧倒的な力強さに飲み込まれていきました。令子さんを演じる小雪さんに、カメラの横で何度涙したことかわかりません。そして、それでも前に進み続ける智の姿に何度勇気づけられたことか。障害を描くことは、僕にとって、生命や人生の秘密に触れようとすることです。

この映画を、素晴らしいキャスト・スタッフと共に作り上げることができたこと、とても幸せです。僕自身が、この映画に変えられた一人です。多くの方々の心に、届いてくれると嬉しいです。

■結城崇史(製作総指揮・プロデューサー)

およそ80億人もの人が生きるこの地球で、監督、スタッフ・キャストの皆さん、福島先生と出会えたのは、僕にとって奇跡以外の何モノでもない。共に汗を流し、悩み苦しみ、また、笑い、涙した仲間たち、そして僕を信じ支えてくれた家族・友人、関係者に心からのありがとうを送ります。

この映画を通して人が人として生きる意味を、今一度見つめ直し、生きていることの喜びと感謝を感じていただければ、これ以上の喜びはありません。この映画が多くの人の生きる力になりますように祈りを込めて。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?