OCTPATH初の映画主題歌決定 『カメの甲羅はあばら骨』本予告&メインビジュアル解禁

OCTPATH初の映画主題歌決定 『カメの甲羅はあばら骨』本予告&メインビジュアル解禁

映画『カメの甲羅はあばら骨』メインビジュアル(C)2022カメの甲羅はあばら骨製作委員会 (C)川崎悟司/SBクリエイティブ

アニメ映画『カメの甲羅はあばら骨』の主題歌が、OCTPATHの新曲「Like」に決まった。OCTPATHにとって、映画主題歌を担当するのは本作が初めて。併せて、主題歌入り本予告とメインビジュアルが解禁された。

 本作は、動物たちの体のしくみが、人間の体を変形させることでよく分かる同名の動物図鑑を、“ごく普通”の高校を舞台にアニメ映画化。主人公・カメ田カメ郎役に清水尋也、クラスメートのカエル川エル隆役に磯村勇斗、担任教師・ウサギ林ウサ蔵役にでんでん、学校のマドンナ・フラミンゴ塚フラ美役にアンジュルムの上國料萌衣。ほかに、江口拓也、野津山幸宏、トンツカタンの森本晋太郎、OCTPATHの栗田航兵、四谷真佑らが出演する。監督は、映画館でおなじみのショートアニメ『貝社員』を生み出したモリ・マサ。脚本は田中眞一が担当する。

 今回公開された本予告では、登場人物それぞれの学園生活が描かれている。“STEP UP”をテーマに書き下ろされたアップテンポでダンサブルな主題歌「Like」と相まって、青春映画らしいさわやかな映像に仕上がっている。

 併せて解禁されたメインビジュアルには、校舎を背に、カメ田、カエル川のほか、学園のスーパースター・ライオン寺やOCTPATHの栗田、四谷が演じるワニ渕、ワシ崎ら上位グループの生徒たち、中退したキリン沢など、青春を紡ぐ若者たちが勢ぞろいした。

 主題歌を担当するOCTPATHは、オーディション番組「PRODUCE 101 JAPAN SEASON2」元練習生から結成された8人組ボーイズグループ。グループ名には、「8人(OCT)ならではの道(PATH)をファンの皆様と共に歩み、固定概念にとらわれない変幻自在な活動をし、常に上の音域・領域(OCTAVE)への道(PATH)を追求していく」といった思いが込められている。今年2月に「IT'S A BOP」でメジャーデビュー。週間シングルランキング1位獲得、新人異例の2曲同時ドラマタイアップとなった。

 そんなOCTPATHが歌う「Like」について、モリ・マサ監督は「間違いなく今年のNo.1あばら骨ソング! あばら骨の様に包容力のある歌声と、あばら骨を叩きたくなる様なメロディ! 作品の骨格に大きな大きな骨が、新たに加わりました。この曲を巨大スピーカーで聴く為だけに劇場に来る価値アリです」とコメント。

 なお、OCTPATHからはコメント映像と「“好きな骨”と“その理由”」についてのメッセージが到着。栗田航兵は「軟骨/叩くと大きくなるらしいので!」、四谷真佑は「肘の骨(肘頭や内側上顆)/肘の骨の出っ張りが良いと思います!」、太田駿静は「尾てい骨/かつてしっぽが生えていたらしいから」、古拆直輝は「鎖骨/オーラは鎖骨から出るから」、小堀柊は「拳の骨/ゴツゴツしていてかっこいいから」、海帆は「拳の骨/男らしくてかっこいいから」としている。

 アニメ映画『カメの甲羅はあばら骨』は、10月28日より全国公開。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?