井浦新&田中麗奈W主演 実際の事件を題材にした森達也初の劇映画、2023年公開

井浦新&田中麗奈W主演 実際の事件を題材にした森達也初の劇映画、2023年公開

2023年公開の映画『福田村事件』(仮)より(左から)主演・井浦新、監督・森達也、主演・田中麗奈

俳優の井浦新と女優の田中麗奈がダブル主演を務める映画『福田村事件』(仮)の制作開始が発表された。8月20日にクランクインし、2023年公開の予定。

 本作は、多くのドキュメンタリー映画を手がけてきた森達也監督の自身初となる劇映画。題材は、1923年9月1日に発生した関東大震災、その発災から5日後、千葉県福田村で起こった実際の虐殺事件。行商団9人が地震後の混乱の中で殺された。彼らはなぜ殺されたのか、村人たちはなぜ彼らを殺したのか。

 荒井晴彦が企画し、脚本は佐伯俊道、井上淳一、荒井の3名が担当。関東大震災時に各地で起きた「朝鮮人虐殺」、そして朝鮮人に限らず“善良な人々”が虐殺された日本の負の歴史をつまびらかにする。

 1923年春、澤田智一(井浦)は教師をしていた日本統治下の京城(現ソウル)を離れ、妻の静子(田中)と共に故郷の福田村に帰ってくる。智一は、日本軍が朝鮮で犯した虐殺事件の目撃者であった。しかし、妻の静子にも、その事実を隠していた。その同じ頃、行商団一行が関東地方を目指して香川を出発する。9月1日に関東地方を襲った大地震、多くの人々はなす術もなく、流言飛語が飛び交う中で、大混乱に陥る。そして運命の9月6日、行商団の15名は次なる行商の地に向かうため利根川の渡し場に向かう。支配人と渡し守の小さな口論に端を発した行き違いが、興奮した村民の集団心理に火をつけ、阿鼻(あび)叫喚のなかで、後に歴史に葬られる大虐殺を引き起こしてしまう。

 映画『福田村事件』(仮)は、2023年公開予定。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?