レジェンド声優・日高のり子、凛とした和服姿で祇園の女将を熱演 『遺留捜査』で上川隆也と共演

レジェンド声優・日高のり子、凛とした和服姿で祇園の女将を熱演 『遺留捜査』で上川隆也と共演

ドラマ『遺留捜査』最終章に出演する(左から)栗山千明、日高のり子、上川隆也(C)テレビ朝日

俳優の上川隆也が主演を務めるドラマ『遺留捜査』第7シーズン(テレビ朝日系/毎週木曜20時)の最終章(第9話・9月8日、最終話・15日放送)に、国民的アニメ『タッチ』の浅倉南役、映画『となりのトトロ』のサツキ役などを務める声優の日高のり子が出演。日高は、謎を秘めた祇園の女将・江本みどりを熱演する。

 本作は、遺留品に込められた最後のメッセージに耳を傾け、被害者の想いと事件の真相に迫る刑事・糸村聡(上川)の活躍を描くサスペンスドラマ。

 2週にわたって放送する最終章で糸村たちが挑むのは、神崎莉緒(栗山千明)と親交の深い後輩で、京都府警組織犯罪対策二課の刑事・氷室翔太(崎山つばさ)が殺害された事件。

 彼は生前、インサイダー情報を不正売買しているダークウェブサイトの組織“土竜(もぐら)”を追っていたことが判明。糸村は氷室が所持していた“金のチェーン”が気にかかるものの、それがどんなものに付属していたのか見当もつかず…。そんな中、氷室が事件の2日前に舞妓・葉月(森日菜美)に会っていたことが発覚。糸村たちは事情を聴くため、葉月が暮らす置屋を訪れて――。

 今回日高が演じるのは、森演じる葉月を預かる置屋の女将・江本みどり。置屋は舞妓たちを育てる“家”のような場で、女将はそこに住み込む舞妓や芸妓たちから“お母さん”と慕われる存在。みどりは芸妓への“襟替え”を間近に控えた葉月を守ろうとしているのか、糸村たちを警戒。しかしその表情やふるまいには、ただ葉月を心配するだけではない、複雑な心情を秘めている様子が垣間見えて…。いったい彼女は何を知っているのか――!?

 日高といえば、国民的アニメ『タッチ』浅倉南役のほか、映画『となりのトトロ』草壁サツキ役、『らんま 1/2』天道あかね役、『名探偵コナン』世良真純役などで有名なレジェンド声優。はつらつとしたキュートな声が印象的だが、今回は祇園の伝統を守ってきた女性らしく和服を粋に着こなし、しっとりと画面に登場。貫録とたおやかさを同居させた佇まいで、堂々と『遺留捜査』の世界に登場する。

 アニメファンとして知られる主演・上川は2020年、ドラマスペシャル『検事・佐方~恨み を刻む~』の配信トークイベントが開催された際、『タッチ』で主人公・上杉達也役を務めた声優・三ツ矢雄二と初対面し大感激していたが、今回はヒロイン・南役の日高と共演。彼女と初めて映像上で演技を交わすというこの上なく幸せなシチュエーションに感動している様子だ。

 最終章には日高のほか、大ベテラン・高橋英樹が物語の鍵を握る最重要人物・物部泰弘役で登場。『機界戦隊ゼンカイジャー』のヒロイン役で知られる森日菜美、2.5次元舞台からブレークした若手実力派俳優・崎山つばさらもゲストとして名を連ねる。

 ドラマ『遺留捜査』最終章(第9話、最終話)は、テレビ朝日系にて9月8日、15日20時より2週にわたって放送。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?