唐田えりか×遠藤雄弥W主演『の方へ、流れる』11月公開へ 特報映像解禁

唐田えりか×遠藤雄弥W主演『の方へ、流れる』11月公開へ 特報映像解禁

映画『の方へ、流れる』ポスタービジュアル(C)chiyuwfilm

唐田えりかと遠藤雄弥がダブル主演する映画『の方へ、流れる』が、11月26日より全国順次公開されることが決定。併せて、ポスタービジュアルと特報が解禁された。

 唐田えりかと遠藤雄弥がダブル主演する映画『の方へ、流れる』が、11月26日より全国順次公開されることが決定。併せて、ポスタービジュアルと特報が解禁された。

 本作は、曖昧な会話の中に真実を探り合う男女の恋愛映画。

 会社を辞め、姉の雑貨店で店番をする主人公・里美。そこに現れた、恋人を待つ男・智徳。店を出て東京の街を歩きながら語り合うふたり。「お互いのことを知らないから言えることもある」―やがて彼らは互いに話していることが事実なのか分からないまま、引かれ合っていくのだが…。

 思ったことを素直に口にしているようで、どこか本音がつかめない里美を演じるのは、唐田えりか。一方、そんなミステリアスな里美に戸惑いながらも引かれていく智徳役には、遠藤雄弥。そのほか、加藤才紀子、足立智充、小水たいがが脇を固める。

 監督は、デビュー作『今、僕は』が異例の大ヒットとなり、2作目『蜃気楼の舟』がカルロヴィ・ヴァリ国際映画祭フォーラム・オブ・インディペンデントコンペティションに正式出品。続く『ふたつのシルエット』では“愛の変化”を描くなど、国内外で注目を集める新鋭・竹馬靖具。本作で描くのは、初めて出会った男女が、流れるように街をさまよう物語。本当かうそか分からない。かみ合っているようで交わらない。どこかねじれた会話のその先に、果たして恋は生まれるのか? ふたりが迎える1日の終わりが不思議な余韻を残す。

 ポスタービジュアルでは、「嘘でもいい」というキャッチコピーと共に、1日の終わりに隅田川のほとりで会話をする里美と智徳の写真が採用されている。特報では、何も知らない相手と1日を過ごすことになったふたりが、この偶然な出会いを利用して普段は気軽に人に言えないようなことを互いにぶつけていく姿が収められている。

 今回、オーディションで里美役に選ばれた唐田は「(竹馬監督は)自分の声を芯の部分から真に聞いてくださる方で、演出して頂きながら、自然と心が開き、自分が限りなく自分になっていくのを感じました」と撮影を述懐。遠藤は「今作における、男女2人の内側に巻き起こっている、色々な感情と思考を、少しでも皆様にああでもないこうでもないと感じてもらえたら」と本作の不思議な魅力をPR。そして竹馬監督は「会話を中心として物語が進んでいくので、撮影中カメラの後ろからお二人の掛け合いを凝視しているのは多くの発見がありとても豊かな時間でした」と振り返る。

 また、『の方へ、流れる』の国内外での上映に向けたクラウドファンディングの実施も決定。クラウドファンディングプラットフォーム「MotionGallery」にて、9月9日よりスタート。メイキング動画や台本、キャストサイン付きフォトブック、特製Tシャツなど、様々な特典を用意している。

 映画『の方へ、流れる』は、11月26日より全国順次公開。

 コメント全文は以下の通り。

<コメント>

■唐田えりか

 竹馬監督とは本作のオーディションの際に初めてお会いしましたが、自分の声を芯の部分から真に聞いてくださる方で、演出して頂きながら、自然と心が開き、自分が限りなく自分になっていくのを感じました。

 里美を演じさせて頂けたこと、本当に感謝しています。不思議な引力のある本作を公開まで楽しみにして頂けたら幸いです。

■遠藤雄弥

 今回、竹馬監督、共演者の唐田えりかさんと御一緒できた事をとても光栄に思いました。

 竹馬監督が紡ぎ出す、なんとも独特な男女のやり取りに、どういった映画になるんだろう?と胸を躍らせながら脚本を読んだ記憶があります。監督の思い描く世界観と演出も独特でした(笑)。

 個人的には初めてに近い表現のアプローチでもあり、とてもやり甲斐のある作品でした。その独特さも、作品を観ていただけたら、わかっていただけると思います。

 今作における、男女2人の内側に巻き起こっている、色々な感情と思考を、少しでも皆様にああでもないこうでもないと感じてもらえたら幸いです。

■竹馬靖具監督

 唐田えりかさんと遠藤雄弥さんの演技をもっと見ていたかったです。それくらい深く響く演技をおふたりがしてくださいました。

 会話を中心として物語が進んでいくので、撮影中カメラの後ろからお二人の掛け合いを凝視しているのは多くの発見がありとても豊かな時間でした。

 スタッフキャストの皆がこの映画の完成に尽力してくれた事を心から感謝しています。映画『の方へ、流れる』を、ぜひ劇場で見ていただけたら嬉しいです。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?