前田敦子×菊池風磨『もっと超越した所へ。』新場面写真公開 宇垣美里、横山由依らのコメント到着

前田敦子×菊池風磨『もっと超越した所へ。』新場面写真公開 宇垣美里、横山由依らのコメント到着

映画『もっと超越した所へ。』より真知子(前田敦子)と怜人(菊池風磨)の2ショット場面写真(C)2022『もっと超越した所へ。』製作委員会

女優の前田敦子が主演を務め、Sexy Zoneの菊池風磨が共演する映画『もっと超越した所へ。』より、主人公・真知子(前田敦子)と怜人(菊池風磨)の2ショットの場面写真が公開。また、一足先に映画を鑑賞したフリーアナウンサー・宇垣美里、元AKB48の横山由依、漫画家・鳥飼茜からのコメントが到着した。

 原作・脚本は劇作家・根本宗子。2015年スズナリで大評判となり、「映像化不可能」とも言われた同名舞台を自ら映画脚本にし、クズ男を引き寄せてしまう4人の女性の恋愛模様と、彼女たちの意地とパワーが引き起こすミラクルを痛快に描く。

 主人公・真知子を前田が演じ、後悔したくない恋愛を求める女性のたくましさを抜群の存在感で見せる。その彼氏でやっかい系のヒモストリーマー・怜人に菊池風磨(Sexy Zone)。甘え上手で束縛好き、弱さをみせるクズ男を魅力たっぷりに演じる。子役上がりタレント・鈴には趣里。あざとかわいいボンボン・富を千葉雄大。金髪で内面も彼氏に染まるギャル・美和に伊藤万理華。ノリだけで生きているフリーター・泰造に本格演技初挑戦となるロックバンドOKAMOTO’Sのドラマー・オカモトレイジ。シングルマザーの風俗嬢・七瀬に黒川芽以。そして、落ちぶれた元子役俳優・慎太郎を三浦貴大が演じる。

 監督は映像クリエーターの山岸聖太。主題歌はシンガーソングライターのaikoが作詞・作曲も手がけた「果てしない二人」。

 今回、一足先に本作を鑑賞した宇垣美里、横山由依、鳥飼茜からコメントが到着。

 宇垣は「甘やかすとどんどんつけあがるバカ男共とそいつらに振り回される女たちの魂の咆哮(ほうこう)が胸に響いてたまらない」と応援の声を。横山由依は「理想を追い求め過ぎて、現実を失ってしまいたくない。今、自分の周りにある大切なものをしっかりと抱きしめて生きていこうと思いました」と感想を寄せる。

 また、漫画家・鳥飼茜さんは「恥も打算も後悔も一気飲みしてそれでも前に進むこと。 真面目は正義、そう確信しました」とコメントしている。

 また新たに解禁された前田敦子と菊池風磨演じる真知子と怜人の2ショット場面写真には、久しぶりの再会に心躍らせる真知子とお米や買い物袋を持ってあげる怜人の姿が収められている。

 SNSに落ち込んだ様子を投稿していた真知子が心配で、会いに来たという怜人の言葉を聞き、真知子は嬉しさを隠し切れない様子。2人からは久々の再会の喜びと気恥ずかしさが漂っている。これから新しい恋が始まる?と期待する真知子だが、怜人の本性は…。

 映画『もっと超越した所へ。』は、10月14日より全国公開。

 コメント全文は以下の通り。

<コメント>

■宇垣美里(フリーアナウンサー)

 甘やかすとどんどんつけあがるバカ男共と、 そいつらに振り回される女たちの魂の咆哮が胸に響いてたまらない。そこから見えてくる私たちの本当の願いとは。厳しいこの世を愚かなこの身で生きるなら、 現実見据えてしたたかに、歯ァ食いしばって踊らにゃ損々! なんか腹一杯米が食いたくなってきた。

■横山由依(タレント/女優)

 理想を追い求め過ぎて、現実を失ってしまいたくない。今、自分の周りにある大切なものをしっかりと抱きしめて生きていこうと思いました。エンドロールまで最高に楽しかったです!

■鳥飼茜(漫画家)

 THE・見たことない映画。観た人全員が度肝抜かれる奇想天外なラストを超えて、それでも苦しいほど伝わって来るのは真面目に生きる人間の顔の美しさ。真面目って深刻ぶることなんかじゃない、恥も打算も後悔も一気飲みしてそれでも前に進むこと。真面目は正義、そう確信しました。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?