ディズニー100周年に向け新作ラインナップ発表 ファンイベントでアニメも続々

ディズニー100周年に向け新作ラインナップ発表 ファンイベントでアニメも続々

ディズニーファンイベント「D23 Expo」に登場したアラン・バーグマン(ウォルト・ディズニー・スタジオ:チェアマン)(C)Disney

9月9日、米アナハイム・コンベンション・センターにて、ウォルト・ディズニー・スタジオが100周年を祝うファンイベント「D23 Expo」を開催。ショーケースで、ディズニー・ライブアクション、ピクサー、ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオの今後の公開予定作品についての最新情報を発表した。

 9月9日、アナハイム・コンベンション・センターにて、間もなく100周年を迎えるウォルト・ディズニー・スタジオがファンイベント「D23 Expo」を開催。ホールD23にて、ディズニー・ライブアクション、ピクサー、ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオの今後の公開予定作品について最新情報を発表した。

 ショーケースでは、スタジオの歴史を振り返るディズニースタイルでスタート。ディズニープラスで配信中の実写版『ピノキオ』のテーマソング「星に願いを」をシンシア・エリヴォが歌い上げるパフォーマンスを披露した。ディズニーの100周年を記念して、プラチナカラーとなったディズニーキャッスルの新しいロゴもお披露目された。

 続けて、ウォルト・ディズニー・スタジオのチェアマンであるアラン・バーグマンは、プレジデントのショーン・ベイリー、ピクサーのピート・ドクター、チーフ・クリエイティブ・オフィサーのジェニファー・リーと共に、100周年を記念して2023年に公開される新作長編アニメ『ウィッシュ(原題)』をはじめとした今後の動画配信作品・劇場公開作品のラインアップを発表。

 ベイリーは、「私たちは劇場の大画面用の映画を作るのが大好きで、これから信じられないような作品がいくつか控えています。また、ディズニープラスは、私たちにさらに幅広い物語を語るための自由を与えてくれ、そのことにとてもわくわくしています」と発表した。

 ピート・ドクターは「『ソウルフル・ワールド』のジョーのような内なる声を呼び起こすなら、『私たちはなぜここにいるのか?私たちの目的は何なのか?』と自問するでしょう。私たちにとって、それは素晴らしいアニメーションの物語を伝えることです」コメント。

 ジェニファーは、「私たちは、100年前にウォルトと彼の兄であるロイが始めたスタジオの夢を継承していく使命があります。そして、ストーリーテリングにおいてリスクを取り続け、ウォルトがしたように、可能性を現実のものにするために、探求し、拡大し続けることを約束します」と表明している。

 今後の動画配信作品と劇場公開作品のラインアップは以下の通り。

■ディズニー・ライブアクション

『ホーカスポーカス 2』
2022年9月30日配信予定(ディズニープラス独占)。

『魔法にかけられて2』
2022年11月24日配信予定(ディズニープラス)。

『ピーター・パン&ウェンディ』
2023年配信予定(ディズニープラス)。

『ホーンテッドマンション』
2023年公開予定。

『ムファサ:ザ・ライオン・キング(原題)』
2024年公開予定。

『スノー・ホワイト(原題)』
2024年公開予定。

『リトル・マーメイド』
2023年夏公開予定。

■ピクサー・アニメーション・スタジオ

『エレメンタル(原題)』
2023年6月16日公開予定。

『ウィン・オア・ルーズ(原題)』
2023年秋配信予定(ディズニープラス)。

『エリオ(原題)』
2024年春公開予定。

『インサイド・アウト 2(原題)』
2024年夏公開予定。

■ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ

『ズートピア+(原題)』
2022年11月9日配信予定(ディズニープラス)。

『ストレンジ・ワールド/もうひとつの世界』
2022年11月23日公開予定(日米同時公開)。

『IWAJU(原題)』
2023年配信予定(ディズニープラス)。

『ウィッシュ(原題)』
2023年冬公開予定。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?