滝藤賢一主演『ひみつのなっちゃん。』、渡部秀&前野朋哉の劇中ドラァグクイーンドレス姿公開

滝藤賢一主演『ひみつのなっちゃん。』、渡部秀&前野朋哉の劇中ドラァグクイーンドレス姿公開

映画『ひみつのなっちゃん。』よりドラァグクイーンを演じる(左から)前野朋哉、滝藤賢一、渡部秀(C)2023「ひみつのなっちゃん。」製作委員会

俳優・滝藤賢一の映画初主演作『ひみつのなっちゃん。』より、主人公バージン(滝藤)と共に旅するもう2人のドラァグクイーン、モリリン(渡部秀)、ズブ子(前野朋哉)のクイーンドレス姿が公開された。

 本作は、大切な友人なっちゃんの死をきっかけに集まった3人のドラァグクイーン、バージン(滝藤)、モリリン(渡部)、ズブ子(前野)が、なっちゃんが<オネエ>であることを知らない母・恵子(松原智恵子)のため、ふつうのおじさんとしてお葬式に参列するまでの珍道中を、温かな笑いと素直な涙で彩るハートフル・コメディー。これが初監督・脚本作となる田中和次郎がメガホンをとり、完全オリジナル脚本で挑む、ドラァグクイーンたちのロードムービーだ。

 なっちゃんが営む新宿二丁目の食事処の店子で、涙もろく気弱なクイーン・モリリン役には渡部秀。セクシーな真紅のドレスを見事に着こなし、普段は臆病でもいざという時は第一に行動を起こすタフな面もあるモリリンを見事に演じる。

 そしてカラフルでインパクト抜群なドレス姿を見せたのは前野朋哉。オネエ系タレントとしてお茶の間に引っ張りだこのクイーン・ズブ子役を快演し、旅路の中でさまざまな笑いとトラブルを巻き起こす愛すべきキャラクターを作り上げた。

 モリリン役の渡部は「この度初めてのドラァグクイーン役を演じさせて頂くこととなりました。なぜドレスを着てハイヒールを履き化粧をして自分を表現するのか、そこから監修して下さったエスムラルダさんに教わり、一つ一つ積み上げ作り込みました。この役は僕の役者人生にとって間違いなく大きな分岐点となりました。舞台となった郡上八幡はとても清らかで心が洗われる様でした。この作品を通して少しでも多くの方々にこの地の魅力や力強さを感じて頂けたらと思っております」とコメント。

 ズブ子役の前野は「はじめて、マニキュアを塗ったまま電車に乗って現場に行きました。それだけで、いつもと違う風景を感じました。滝藤さん、渡部くん、スタッフの皆さんと『美しさ』を探したひと夏。スクリーンにしっかり刻まれました。皆さんにお届けできる日を心待ちにしております」としている。

 さらに、物語の舞台となる岐阜県と、滝藤の故郷・愛知県で、本作が2023年1月6日から先行公開されることが決まった。

 映画『ひみつのなっちゃん。』は、2023年1月13日より全国公開。1月6日より愛知・岐阜先行公開。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?