長澤まさみ主演ドラマ『エルピス』、カンヌ開催の「MIPCOM」で世界初上映が決定

長澤まさみ主演ドラマ『エルピス』、カンヌ開催の「MIPCOM」で世界初上映が決定

ドラマ『エルピス―希望、あるいは災い―』場面写真(C)カンテレ

女優の長澤まさみが主演する10月期のドラマ『エルピス―希望、あるいは災い―』(カンテレ・フジテレビ系/毎週月曜22時)が、10月17日からフランス・カンヌで開催される国際映像コンテンツ見本市「MIPCOM(ミップコム)」にて、Asian World Premiere TV Screeningとして世界初上映されることが決定した。60年近い歴史を持つMIPマーケットにおいて、日本ドラマの世界初公開がメインホールで行われるのは、今回が初。

 本作は、実在する複数の事件から着想を得て制作された社会派エンターテインメント作品。スキャンダルによってエースの座から転落したアナウンサー・浅川恵那(長澤)と彼女に共鳴した仲間たちが、犯人とされた男の死刑が確定した、10代の女性が連続して殺害された事件のえん罪疑惑を追う中で、一度は失った“自分の価値”を取り戻していく姿を描いていく。

 世界初上映が決まった「MIPCOM(ミップコム)」は、MIPマーケットとは、RXフランスが主催・運営する世界最大級の国際映像コンテンツの見本市・イベント。フランス・カンヌでは毎年4月に「MIPTV(ミップティーヴィー)と10月に「MIPCOM」の年2回開催されている。コロナ禍前の2019年に開催された「MIPCOM」には、世界110ヵ国と地域から約4500社、約1万3800人以上が参加。世界各国の映像コンテンツ制作会社と、またコンテンツを購入する放送・配信事業主(バイヤー)、さらには共同制作関係者や投資家など映像コンテンツ関係者が集結する。

 2010年からは公式上映イベントとして、ワールドプレミアを開催。これまで、『マッドメン』、『タイタニック』、『X‐ファイル』、『ROOTS/ルーツ』などの欧米ドラマが公式上映作品としてワールドプレミアを行ってきた。ほぼコロナ禍前並みの参加者が見込まれる今年は、本作がAsian World Premiere TV Screeningとして現地で上映。上映会はカンヌ国際映画祭と同じ、Palais de Festivals et des Congres(パレ・デ・フェスティバル・エ・デ・コングレ)のメインホール、Grand Auditorium(グランド・オーディトリウム)で行われる。MIPマーケットにおいて、日本の作品がメイン会場のGrand Auditoriumで上映されることは、今回が初めて。なお、カンテレ制作のドラマがAsian World Premiere TV Screeningに選出されたのは、2017年の『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』に続いて2回目。

 日本に先駆けて世界初上映が決定したことについて、主演の長澤まさみは「どんな風に、この作品へ興味を持ってくださる楽しみ」と期待をのぞかせ「観た方の感想が早く聞きたい」と、現地での反応が待ちきれない様子。その上で「この作品のテーマは、共感してくださる方が多くいると思う。コロナ禍で私たちがたくさんのことを経験して来た今だからこそ、響くものがあるようにも思います。物語の目線、人々の多面性、真っ直ぐな想いなど、観る方それぞれの受け取り方でドラマを楽しんでもらえたらうれしいです」と、コメントを寄せた。

 ドラマ『エルピス―希望、あるいは災い―』は、カンテレ・フジテレビ系にて10月24日より毎週月曜22時放送。

 コメント全文は以下の通り。

<コメント>

■主演・長澤まさみ

――日本に先駆けて世界で初上映されるご感想をお聞かせください。

 どんな風に、この作品に興味を持ってくださるか楽しみです。そして、どの国の方にも共感していただけるものになるはずなので、観た方の感想が早く聞きたいです。撮影はまだまだ続いておりますが、長く愛される作品になるといいなと思いつつ、目の前の事にキチンと向き合っていきたいです。

――世界の人々に作品をどのように受け取ってほしいですか?

 この作品のテーマに共感してくださる方が多くいらっしゃると思うんです。コロナ禍で私たちがたくさんのことを経験して来た今だからこそ、響くものがあるようにも思います。物語の目線、人々の多面性、真っ直ぐな想いなど、観る方それぞれの受け取り方でドラマを楽しんでもらえたらうれしいです。

■MIPマーケット 主催社・RXフランス社 ルーシー・スミス マーケットディレクター

 海外ドラマへの世界の関心はこれまでになく高くなり、またそのクオリティーも日々洗練されてきている昨今、中でも今回上映予定のこの『エルピス―希望、あるいは災い―』は飛び抜けた作品と言えるでしょう。

 恒例イベントとなったアジアン・ワールド・プレミアが、今年また素晴らしい作品を持ってMIPCOMに戻ってくることを、私ども主催としても大変楽しみにしています。アジアン・ワールド・プレミアは、今回もMIPCOM2022の目玉スクリーニングの1つです。今世界中で重視されている社会的弱者の平等を謳う物語と問題提起は、多くのMIPCOM参加者の心に残る作品となるでしょう。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?