シー・ハルク、デアデビルは「マジでストライク」 『シー・ハルク:ザ・アトーニー』最新予告解禁

シー・ハルク、デアデビルは「マジでストライク」 『シー・ハルク:ザ・アトーニー』最新予告解禁

『シー・ハルク:ザ・アトーニー』、ディズニープラスにて独占配信中(C)2022 Marvel

マーベル・スタジオのドラマシリーズ『シー・ハルク:ザ・アトーニー』(ディズニープラス)より、主人公ジェニファー・ウォルターズがシー・ハルクの姿で“仕事”や“恋”に全力で取り組む様子を映した最新予告編が解禁。これまで登場したハルク、魔術師ウォン、元ヴィランのアボミネーション、やりたい放題なソーシャルメディアインフルエンサー・タイタニアなどに加え、“弁護士ヒーロー”デアデビルも登場する。

 本作は、望んでもいない“ハルクのパワー”を手に入れてしまったせいで、“普通の生活”を失ってしまったジェニファー・ウォルターズ(タチアナ・マスラニー)の物語。

 ジェニファーは、突然得てしまった“ハルクのパワー”のせいでシー・ハルクとなり、さまざまな騒動に巻き込まれていく。その一方で「普通の弁護士になりたい」という思いを抱き、仕事や恋愛に奮闘する姿もエネルギッシュに描かれる。

 映像では、「私は今もジェニファー・ウォルターズ。シー・ハルクはただの後付け」と、仕方なくシー・ハルクの姿で働いていると主張する中、インフルエンサーで大きな影響力を持つタイタニアとの“シー・ハルク商標登録問題”がぼっ発。同僚の弁護士に「仮名を商標登録しなかったの?」と問い詰められると、「必要ある? ドクター・ストレンジはした? ソーは?」と、世界を救ったアベンジャーズのメンバーだろうが何だろうが、思ったことを率直にぶつける等身大の物言いで反撃するも、「どちらも本名を使ってる」と返され、一瞬で撃沈。

 裁判沙汰にまでなった“シー・ハルク”にもう飽き飽きしているかと思いきや、「でも楽しい面もある。美しい髪、二日酔いなし、夜怖がらずに外を歩ける」と、“ハルクのパワー”を思う存分に活用してプライベートを充実させる姿が描かれている。

 ただ、スーパーパワーを持つ“超人たち”を相手に“専門弁護士”として活躍する彼女の日常は思ったようにはいかず、マッチングアプリでついに出会った男性とデートの最中、デリカシーがなさすぎるウォンに「なぜ携帯に出ない?」と邪魔されるなど、プライベートでもお構いなしのキャラクターたちに手を焼く姿も描かれている。

 そんな状況でも、「私はヒーローじゃない」と前向きに将来について考えるジェニファーの前に、彼女同様“弁護士”と“ヒーロー”2つの顔を持つデアデビルことマット・マードックが登場。「ただのジェニファーなら楽なのに…」と悩む彼女に、マットは「君は特殊な立場にいる。ジェニファーは法律で人を助けられる。シー・ハルクは法律から見放された人を助ける」と、同じ境遇だからこそ言えるアドバイスを贈る。彼の紳士的な対応に、ジェニファーは「この人マジでストライク」と弁護士ヒーロー同士の恋を予感させる?

 劇中では、シー・ハルクをはじめ、人々の共感を誘う“等身大”なキャラクターたちが描かれているが、シー・ハルク役のタチアナ・マスラニーは「このドラマの素晴らしいところは、シー・ハルクがマッチングアプリを使ったり、そのパワーを使って家族の手伝いをしたりするところなの。そういったちょっと微笑ましく、共感しちゃう日常の瞬間がこのドラマをやる上でとてもたのしかったし、注目してほしいわ」と、MCUらしくない“ヒーローの日常”へ自信を見せている。

 『シー・ハルク:ザ・アトーニー』は、ディズニープラスにて毎週木曜16時配信。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?