『純愛ディソナンス』中島裕翔&吉川愛がクランクアップ! 「お別れするのが本当にさみしい」

『純愛ディソナンス』中島裕翔&吉川愛がクランクアップ! 「お別れするのが本当にさみしい」

ドラマ『純愛ディソナンス』で主役を務め、完走した中島裕翔(C)フジテレビ

Hey!Say!JUMPの中島裕翔が主演、女優の吉川愛が共演するドラマ『純愛ディソナンス』(フジテレビ系/毎週木曜22時)が9月22日の最終話を前にクランクアップ。中島と吉川がコメントを寄せた。

 本作は、新任音楽教師・正樹(中島)と生徒・冴(吉川)の“純愛”を軸に話が進む完全オリジナルストーリー。常にタブーと背中合わせな2人の純愛が次第に周囲を巻き込み、やがて“ディソナンス=不協和音”となりドロドロな展開を生み出していく。

 新任音楽教師と生徒という間柄で出会った第1部では、お互い本心で向き合えないまま決別する2人だったが、ひょんなことから5年後に再会。冴は成人し、正樹は妻帯者となっていた。第2部の舞台では“セカンドパートナー”という概念も加わり、より複雑な関係性に。青春と恋とサスペンスを描いた第1部よりも恋と仕事における女同士・男同士のバトル、さまざまな思いが交差する大人の人間模様を色濃く描いている。単なる恋愛ドラマではなく、さまざまなことが絡み合って起こる事件性、エキセントリックな展開がちりばめられた、純愛&ドロドロ展開で終盤も盛り上がっている。

 そんな『純愛ディソナンス』も残り2話。作品の撮影自体は一足先に終了し、主演の中島をはじめ全キャストがクランクアップした。中島より一足先に撮了を迎えた吉川は、「撮影期間中は現場の方々に助けられ、お芝居がしやすい環境を作っていただけた」と感謝を述べ、笑顔で真夏の撮影期間を振り返った。そして同日、中島も撮了。「カット! オッケーです!」の一声がかると両腕を上げて笑顔になる中島に、木村真人監督から“(撮影現場からの)卒業証書”が渡される。「ピアノとメガネで癒やし、ダークな魅力で悶絶させ、日本全国の女性を“沼らせた”正樹さんに『純愛ディソナンス』オリジナルサンダルをお送りします」という言葉と共に卒業証書と全キャストおそろいのサンダルを受け取った中島。さらに、撮影を共にした佐藤隆太からはキャスト&スタッフを代表し、記念品を贈呈された。

 そして、別番組のロケで地方へ行っていた高橋優斗(HiHi Jets/ジャニーズJr.)からは、サプライズのビデオ通話がかかってくるなど、和やかな撮影現場のまま全シーンを撮り終えた。

 中島は今作で、今まで見せたことのない表情でダークな人物を演じきった。「久々の連ドラ主演で、完全オリジナル作品でもあったので正直不安だった」と明かすと共に、「頼りない主役でごめんなさい(笑)。でもいい空気感で迎えてくれた現場には感謝しかありません」と、スタッフたちに感謝を述べた。

 木曜劇場『純愛ディソナンス』は、フジテレビ系にて毎週木曜22時放送。

 コメント全文は以下の通り。

<コメント>

■中島裕翔

 (撮影現場の)皆さまには感謝しかないです。猛暑の中マスクをして、帽子もかぶって完全装備の中での撮影だったのに…感染と熱中症対策をしっかり厳守していただいたおかげで現場が止まることもなく完走できたのは、本当に皆さんのおかげです。

 自分自身、久々の連ドラ主演、しかもオリジナル作品ということもあって本当に不安だらけでした。今までに見たことのないキャラクター像を作りたかったのですが、自分が出したアイディアが少し違ったり、生意気なことを言ったりしてしまったこともあったかと思います。でも皆さんには本当にいい環境と空気感を作っていただけて助けられました。ごめんなさい、こんな主役で!(笑)。頼りなかったと思うのですが、共演者の方々をはじめ現場の皆さんのおかげで完走できました。お別れするのが本当にさみしい…意外としんみりしちゃいました(笑)。お世話になりました!

■吉川愛

 4ヵ月間大変お世話になりました、お疲れ様でした! 終わるのがすごくさみしいです。撮影中は皆さんにすごく助けていただいて、お芝居がしやすい環境を作っていただいたので本当に助かりました。最終話までオンエアを楽しみにしています。またこの現場のみなさんとご一緒できるように頑張ります!

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?