川栄李奈、“人生で一番ビビった”芸能人明かす「緊張しすぎて何も覚えてない」

川栄李奈、“人生で一番ビビった”芸能人明かす「緊張しすぎて何も覚えてない」

川栄李奈 クランクイン! 写真:上野留加

女優の川栄李奈が、14日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系/毎週水曜23時)にゲスト出演。“人生で一番ビビった”という大物芸能人とのエピソードを披露した。

 この日の放送では、“人生で一番ビビった人”をテーマにトークする場面があった。川栄は「私、2人いまして…」と切り出し「ビートたけしさんと木村拓哉さん」と回答。TOKIOのメンバーが驚きの声を上げる中、川栄はたけしと2019年の大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』(NHK総合)で共演したことを説明し「2人っきりのシーンがありまして、めちゃくちゃ緊張して…」と振り返った。

 さらに川栄は「すごい緊張したんですけど、誰よりも優しくて、ずっと話しかけてくださっていて」と回顧。当時妊娠していた川栄は、たけしにその報告をしたところ、たけしは「今の社会は子どもの手当が少ないかもしれないけど、この先、手当が厚くなるから今のうちに産んどいた方がいいんだよ」と将来の話までしてくれたのだという。しかし、川栄は「話が難しくてあんまり覚えてないんですよ」と告白し、スタジオからは笑い声が上がった。

 また川栄は、別のドラマで木村とも共演したと話し「THEキムタクじゃないですか。お会いできてすごくうれしくて」とコメント。共演時のエピソードとして川栄は、木村と斎藤工と3人で撮影していたときに、昼休憩中に木村から蕎麦屋に誘われたと振り返った。

 川栄は「斎藤工さんは残り1シーンがあったので、先に私と木村さんが休憩に入って、2人でお蕎麦食べてたんですけど、緊張しすぎてなんにも覚えてないんですよ」とまたしても告白。数少ない覚えていたエピソードとして、川栄は木村から「ハッピーフィートに似てるよね」と言われたことも明かしていた。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?