古川雄大×馬場ふみか『恋と弾丸』、木村慧人、黒羽麻璃央ら追加キャスト発表

古川雄大×馬場ふみか『恋と弾丸』、木村慧人、黒羽麻璃央ら追加キャスト発表

ドラマ『恋と弾丸』に出演する(上段左から)中村静香、黒羽麻璃央、木村慧人、(下段左から)橋本マナミ、大澄賢也(C)「恋と弾丸」製作委員会・MBS (C)箕野希望/小学館

俳優の古川雄大とモデル・女優の馬場ふみかがダブル主演する10月スタートのドラマ『恋と弾丸』(MBSほか)の追加メインキャストとして、No.1ホステス役で中村静香、刑事役で木村慧人(FANTASTICS from EXILE TRIBE)、高級クラブのママ役で橋本マナミ、桜夜組の組長役で大澄賢也、マフィアのボス役で黒羽麻璃央らの出演が発表された。

 累計発行部数470万部突破の箕野希望による漫画を実写化する本作は、ヤクザの若頭と普通の女子大生という相反する世界で生きる2人が超運命的な出会いを果たし、お互いに引かれ合って、死と隣り合わせの状況で禁断の愛を育んでいく、“烈愛”ラブストーリー。ヤクザ・桜夜組の若頭・桜夜才臣役には古川雄大。勝ち気な女子大生・ユリ役を馬場ふみかが演じる。

 マフィアのボス・セミリオ役を演じる黒羽麻璃央は「マフィアのボスというなんとも説得力のいる役を今回演じさせていただくという事で、荒々しくも丁寧に演じさせていただきました。正直言うと演じていて楽しかったです。人生初の拳銃を撃つシーンもありまして大興奮でした! そして尊敬する先輩の古川さんと映像作品でご一緒出来た事も大興奮でございました。兎にも角にも大興奮した日々でした」とコメント。

 桜夜組が守る高級クラブのNo.1ホステス蝶子役の中村静香は「蝶子は、愛する桜夜さんに近づく為なら手段を選ばない人間。現場では真っ赤な照明の中で、怒り、嫉妬、叫んだりしたせいか、撮影終わりは必ず首と肩が筋肉痛になったので(笑)色んな意味で力の入る役を頂けたと思いながら楽しんで演じました」と話す。

 ユリの幼なじみで暴力団担当の刑事ジンを演じる木村慧人は「僕が今回演じさせていただく“ジン”はヒロインの事を一途に想う明るくてまっすぐな魅力あふれるキャラクターです。しっかりと演じられるように一生懸命頑張りたいと思います!」と意気込む。

 高級クラブ・小料理屋のママ役を演じる橋本マナミは「脚本を読んだ時からドキドキキュンキュンが止まらない作品。私も馬場ふみかさん演じるヒロイン、ユリの気持ちになって物語に入り込んでしまいました。今回はそんなユリにアドバイスをしたり支えたりするママ役をさせていただきます」とコメント。

 桜夜組の組長・桜夜秀一朗役を演じる大澄賢也は「原作漫画のオリジナルイメージを基本に、自分なりの組長を演じさせていただきました。主演の古川雄大君とは以前舞台で共演した事もあり、気心の知れた和やかな雰囲気の中で撮影が出来ました。親子という設定にも生かされたのではと思います」と話す。

 このほか、桜夜組組員で桜夜才臣の部下ギンジ役に山中柔太朗、同じく組員・省吾役に七瀬公、ユリの大学の友人マイ役を新井舞良、同じく大学の友人エリナ役を中尾有伽が演じる。

 ドラマ特区『恋と弾丸』は、MBSにて10月27日24時50分、テレビ神奈川にて同日23時、チバテレにて10月28日23時、とちテレにて11月3日22時30分、テレ玉と群馬テレビにて同日23時30分より放送。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?