松坂慶子を岩田剛典らキャスト陣が囲む『一橋桐子の犯罪日記』メインビジュアル完成

松坂慶子を岩田剛典らキャスト陣が囲む『一橋桐子の犯罪日記』メインビジュアル完成

ドラマ『一橋桐子の犯罪日記』メインビジュアル(C)NHK

女優の松坂慶子が主演を務める10月8日スタートのドラマ 『一橋桐子の犯罪日記』(NHK総合/毎週土曜22時)より、主人公とレギュラーメンバーがそろったメインビジュアルが解禁された。

 本作は、原田ひ香の人気小説を原作に、『阿佐ヶ谷姉妹ののほほんふたり暮らし』の脚本家・ふじきみつ彦が切なくもユーモアたっぷりに描く“終活青春グラフィティ”。

 主人公・一橋桐子を松坂が演じるほか、桐子が頼りにするパート先の上司役に岩田剛典、桐子の“世代を超えた友達”になる女子高生に長澤樹、桐子が通う句会の世話人役に片桐はいり、隠れ闇金を営む怪しい男に宇崎竜童、桐子の前に立ちふさがる“訳あり女性”役に木村多江、桐子の唯一無二の親友役に由紀さおり。そして、桐子の憧れの人・元プロテニスプレイヤー役を草刈正雄が演じる。

 一橋桐子は悲しみの淵に沈んでいた。3年間同居していた唯一無二の親友・宮崎知子が病気で亡くなったのだ。年金&パート生活も楽ではなく、このまま孤独死してしまうのではという思いが、桐子の心を絞り上げていく。そんな時にテレビで見た、ある逮捕者の「世の中に未練はなかった。刑務所に入りたくてやった」という供述に心奪われた桐子は、「余生を刑務所で過ごせないか」と思いつく。かくして桐子の“ムショ活”が始まった。犯罪計画を進めるにつれ、新たな経験や出会いをしていく桐子。果たして、無事に刑務所へとたどり着くことはできるのか―。

 ドラマ本編をイメージして作られたメインビジュアルは、主演の松坂を中心に据えた「桐子の極楽バージョン」と、レギュラーメンバーが勢ぞろいの「小窓に集結バージョン」の2種類。担当したのは、ドラマ10『正直不動産』も手がけたアートディレクターの吉良進太郎氏。

 吉良氏は「主人公桐子によって周りが影響され素敵なストーリーを作っていくさまをビジュアルに落とし込み、とにかく松坂さんの愛嬌あるポスターを目指しました。現場での松坂さんが元気すぎて、こちらもパワーをいっぱいいただきました!」とコメントしている。

 土曜ドラマ『一橋桐子の犯罪日記』は、NHK総合にて10月8日より毎週土曜22時放送(全5話)。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?