クロエ・グレース・モレッツ主演 Sci‐Fiスリラー『ペリフェラル~接続(コネクト)された未来~』ティザー予告解禁

クロエ・グレース・モレッツ主演 Sci‐Fiスリラー『ペリフェラル~接続(コネクト)された未来~』ティザー予告解禁

『ペリフェラル~接続(コネクト)された未来~』ティザーアート(C)Amazon Studios

クロエ・グレース・モレッツが主演を務めるSci‐Fiスリラードラマシリーズ『ペリフェラル~接続(コネクト)された未来~』が、Prime Videoにて10月21日より240を超える国と地域で独占配信されることが決定。併せて、クロエの顔を大きくフィーチャーした3種類のティザーアート、場面写真5点、英語版のティザー予告が解禁された。

 本作は、作家ウィリアム・ギブソンによる小説「The Peripheral」を映像化するSci‐Fiスリラードラマ。テクノロジーが社会を変え始める近未来を描く。

 近未来のアメリカ。忘れられたような田舎町の片隅で、何とか家族の絆をつなぎとめようとしている女性フリン・フィッシャーを中心に物語は始まる。フリンは賢く野心的だが、先が見えない毎日に希望を失っていた。そんな彼女にある日、未来からの接触が。果たしてその先に待ち受けているものとは。そして人類の運命は…。

 クロエは主人公フリン・フィッシャー役。共演には、『ミッドサマー』のジャック・レイナー、『モダン・ラブ』のゲイリー・カー、『あの夜、マイアミで』のイーライ・ゴリ―、『ウエストワールド』のルイス・ハーサム、『フォード vs フェラーリ』のJJ・フィールド、『ピーキー・ブラインダーズ』のシャーロット・ライリー、『弁護士ビリー・マクブライド』のアレクサンドラ・ビリングズ、『ハリー・ポッター』のケイティ・リューング、『メシア』のメリンダ・ペイジ・ハミルトン。さらに、アデリント・ホラン、アレックス・エルナンデス、ジュリアン・ムーア・クック、クリス・コイ、オースティン・ライジング、といった実力派キャストが集結した。

 製作総指揮・クリエイター・ショーランナーは、『シンプル・プラン』のスコット・B・スミス。製作総指揮・監督は『CUBE』のヴィンチェンゾ・ナタリ。そのほかの製作総指揮には、エミー賞に多数ノミネートされたドラマ『ウエストワールド』を手掛けたジョナサン・ノーラン&リサ・ジョイ、『パーソン・オブ・インタレスト』のグレッグ・プレイグマン、『レミニセンス』のアシーナ・ウィッカム、『イン・ザ・トール・グラス』のスティーブ・ホーバンが名を連ねる。ノーラン&ジョイの製作会社Kilter Films、Warner Bros Television、Amazon Studiosが共同で製作した。

 ティザー予告には、田舎町で平凡に暮らしていた主人公フリン(クロエ)が、バーチャルリアリティの世界に入り別人のようなアクションを披露する姿や、ロボットなども登場する近未来の壮大な世界観が映し出されている。

 ドラマシリーズ『ペリフェラル~接続(コネクト)された未来~』は、Prime Videoにて10月21日より独占配信。その後は毎週金曜に新エピソードを独占配信。12月9日には最終話となる第8話が配信開始。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?