松本穂香×玉城ティナW主演で渡邊圭祐の“元カノと今カノ”に 『恋のいばら』公開決定&ビジュアル解禁

松本穂香×玉城ティナW主演で渡邊圭祐の“元カノと今カノ”に 『恋のいばら』公開決定&ビジュアル解禁

映画『恋のいばら』ティザービジュアル(C)2023「恋のいばら」製作委員会

女優の松本穂香と玉城ティナがダブル主演を務め、俳優の渡邊圭祐が共演する映画『恋のいばら』が、2023年1月に全国公開されることが決定。併せてティザービジュアルが解禁された。

 本作は、『アルプススタンドのはしの方』『女子高生に殺されたい』『ビリーバーズ』などジャンルを問わず話題作を多数生み出し続ける城定秀夫監督の最新作。出会うはずのなかった三角関係から、誰しもが抱く嫉妬や恋心を、繊細かつエキセントリックに映し出す。脚本は、『愛がなんだ』『かそけきサンカヨウ』の澤井香織が城定監督と共に担当する。

 図書館で働く桃(松本)は、突然、フラれてしまった元カレ・健太朗(渡邊)のSNSを見て、今カノ・莉子(玉城)の存在を知る。自分とは正反対のイマドキな洗練された莉子に興味を持ち、調べていくうちに、本人を特定。“ある理由”で、莉子に直接会いに行ってしまう。今カノ・莉子と相対した桃は言う。「リベンジポルノって知っていますか?」。そして「彼が撮った二人の秘密の写真データを取り返したい…あと、あなたも撮られてないですか…」と。元カノと今カノ。出会うはずがないふたりが出会った今、“秘密の共犯”が始まろうとしている―。

 健太朗(渡邊)の元カノ・富田桃役を演じる松本は、初の城定組参加、玉城との初共演について、「初めての城定組、不思議な空気感で楽しみながら演じさせて頂きました。玉城ティナさんとは、ほぼ初めましてでしたが、ティナさんの人柄とその美しさにたくさん助けられながら、桃という人間を作り上げることが出来たと思っています」とのコメントを寄せている。

 健太朗の今カノ・真島莉子役を演じる玉城ティナは「桃役を演じられた松本穂香さんとのシーンが多かったので、二人の関係性の移ろい方なども二人で話し合いつつ、城定監督の思う世界観を作り上げていきました。元彼の、今カノ、という立場でしたが、三人のでこぼこな関係が、どうスクリーンに映るか、楽しみです」と撮影を振り返る。

 元カノ(松本)、今カノ(玉城)の二人をつなぐ、“疑惑”のある彼氏・湯川健太朗役で出演する渡邊圭祐は「女性に対する性の感性の歪みと、モノに対する美しいという感性の折り合いをつけようとしたときに、罪悪感を持たない健太朗という男性を演じさせていただきました。その罪悪感のなさと歪みで出会う桃と莉子の2人の結論と、3人の折り合いのつけ方を想像しながら観ていただければと思います」とアピール。

 城定監督は「この映画では男一人、女二人が、もつれ合いながらいびつな三角をつくり、やがて意外な結末を迎えます。みなそれぞれにダメな人間なのですが、僕はそんな彼らが愛おしくてたまりません」とコメントしている。

 ティザービジュアルは、桃(松本)と莉子(玉城)の、二人だけの謎めいた関係がうかがえ、そして意味深な横顔が写し出されたビジュアル。写真家の石田真澄が撮った繊細な写真は不穏な空気をまとっており、元カノと今カノという普通じゃない二人の関係性がどう発展していくのか気になる仕上がりになっている。

 映画『恋のいばら』は、2023年1月全国公開。

 コメント全文は以下の通り。

<コメント全文>

■松本穂香

初めての城定組、不思議な空気感で楽しみながら演じさせて頂きました。
玉城ティナさんとは、ほぼ初めましてでしたが、ティナさんの人柄とその美しさにたくさん助けられながら、桃という人間を作り上げることが出来たと思っています。
決して気持ちのいい映画ではないかもしれませんが、
この映画を通して何か感じてもらえるものがあれば嬉しいです。ぜひ、公開をお楽しみに!

■玉城ティナ

真島莉子役を演じました、玉城ティナです。莉子はダンサー志望だったので、今まで使った事のない筋肉をダンスレッスンで発見しながら、できるだけ気持ちの乗ったダンスができるように心がけていました。桃役を演じられた松本穂香さんとのシーンが多かったので、二人の関係性の移ろい方なども二人で話し合いつつ、城定監督の思う世界観を作り上げていきました。元彼の、今カノ、という立場でしたが、三人のでこぼこな関係が、どうスクリーンに映るか、楽しみです。

■渡邊圭祐

女性に対する性の感性の歪みと、モノに対する美しいという感性の折り合いをつけようとしたときに、罪悪感を持たない健太朗という男性を演じさせていただきました。その罪悪感のなさと歪みで出会う桃と莉子の2人の結論と、3人の折り合いのつけ方を想像しながら観ていただければと思います。

■城定秀夫監督

誰かのことを好きになり、その人のことを知ろうとしても最後まで分からない部分が必ず残ります。
そして、分かるはずがないと分かっていながらも、何とかして分かろうといばらを掻きわけるのが人間という生き物なのかもしれません。
この映画では男一人、女二人が、もつれ合いながらいびつな三角をつくり、やがて意外な結末を迎えます。
みなそれぞれにダメな人間なのですが、僕はそんな彼らが愛おしくてたまりません。
みなさまにお披露目できる日が今から楽しみです。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?