速水もこみち、『監察医 朝顔2022スペシャル』に刑事役で出演決定 上野樹里と初共演

速水もこみち、『監察医 朝顔2022スペシャル』に刑事役で出演決定 上野樹里と初共演

スペシャルドラマ『監察医 朝顔2022スペシャル』に出演する速水もこみち(C)フジテレビ

9月26日21時から放送される上野樹里主演のドラマ『監察医 朝顔 2022スペシャル』(フジテレビ系)の追加キャストとして、速水もこみち、中島亜梨沙、田村たがめ、少路勇介の出演が決定した。

 『監察医 朝顔』は、主人公の興雲(こううん)大学法医学教室の法医学者・万木朝顔(上野)が解剖で遺体の謎を解き明かし、見つけ出した“生きた証”で生きる人々の心まで救っていきながら、東日本大震災で母・万木里子(石田ひかり)を失った悲しみを、父・万木平(時任三郎)、夫で刑事の桑原真也(風間俊介)、娘のつぐみ(加藤柚凪)ら家族とともに少しずつ乗り越えていく姿を描いたヒューマンドラマ。2019年7月期に第1シーズン、2020年10月期・2021年1月期と2クール連続で第2シーズンが放送された。“オール新作”のスペシャルドラマとして復活する今作は、第2シーズンラストの翌年夏を舞台に幕を開ける。

 速水が演じるのは、朝顔が勤務する興雲大学法医学教室と仕事をすることが多い野毛山署へ異動してきたばかりの交通事故捜査係の刑事・鈴井。冷静沈着で優秀という評判だが、歯に衣着せぬ物言いや合理的な捜査で周囲に緊張感を与えることも。交通事故で家族を失ったばかりの遺族に矢継ぎ早に質問する鈴井に、思わず朝顔(上野)は口を挟んでしまう。しかし、「交通事故は時間との勝負だ」と鈴井は譲らない。その後も何かと朝顔と意見がぶつかってしまい…。次第に、その真意や影響を与えた意外な存在など鈴井のパーソナルな一面が明らかにされていく。

 一見クールだが、孤独をもいとわない強い意志で捜査に臨む刑事・鈴井を演じる速水。フジテレビのドラマに出演するのは、『ザ・ブラックカンパニー』(2018年)以来、4年ぶり。上野とは初共演となる。

 速水は「多くの方に愛されているシリーズドラマ『監察医 朝顔』に出演させて頂く事になりとてもうれしく思います。交通課の刑事、鈴井という人物を演じさせていただきます。今回のスペシャルで朝顔たちとどのように関わっていくのか是非楽しみにして頂けたらと思います」とコメントしている。

 また、中島亜梨沙がつぐみの同級生・岸川聡(佐藤遙灯)の母親・岸川由美子を、少路勇介が聡の父親・岸川裕二を、田村たがめが交通事故で父親を失う古井秀子を演じる。

 ドラマ『監察医 朝顔 2022スペシャル』は、フジテレビ系にて9月26日21時放送。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?