吉高由里子、『最愛』の快挙に「嬉しくってちょけたくなる」 “写真で一言”にファン歓喜

吉高由里子、『最愛』の快挙に「嬉しくってちょけたくなる」 “写真で一言”にファン歓喜

(左から)吉高由里子、松下洸平 クランクイン!

女優の吉高由里子が16日にツイッターを更新。2021年放送の主演ドラマ『最愛』(TBS系)が日本民間放送連盟賞最優秀賞を受賞したことに言及。感謝の言葉をつづりながら“写真で一言”を添えてファンを喜ばせた。

 吉高が主演を務め、俳優の松下洸平、井浦新と共演した『最愛』が、16日に「2022年日本民間放送連盟賞 番組部門 テレビドラマ」で最優秀賞を受賞。番組の公式ツイッターでもファンに向けて受賞を報告するコメントとドラマの場面カットが投稿された。その場面カットは吉高扮するヒロイン・梨央と彼女に恋をする刑事・大輝(松下)が、互いの腕を掴みながら真剣な表情で見つめ合うというもの。ラブストーリーとサスペンスが複雑に絡み合うドラマの緊張感を表現した1枚となっている。

 受賞が発表された同日。番組公式ツイッターの投稿を引用リツイートする形で吉高もツイッターを更新。受賞について「わぁっなんと たくさんの思い出と賞をいただいたこのドラマに感謝でいっぱいです ありがとうございます 嬉しいねぇ」とコメント。続けて「ねぇ、聞きたいことあるの なんでこの写真なの?」と場面カットについてポツリ。そして「写真で一言、、、大『俺の朝食は、パンより米派だ!いいな?!』 はい。すみません おやすみなさーい」と締めくくっている。

 この投稿の直後に吉高は再びツイートを更新し「大『なぜわからない! 前髪2ミリも切ったんだぞ!』のほうがよかったかなぁー」と“写真で一言”を続行。しかし「うんっ やめる ごめんなさい 嬉しくってちょけたくなるの 寝るっ 寝るから」とユーモラスに心境を吐露した。

 吉高の受賞を喜ぶ投稿に、ファンからは「祝最愛!!」「受賞おめでとうございます」などの声が続出。さらに突如始まった写真で一言について「写真で一言シリーズ化してほしい」「写真で一言最高」「面白すぎてもう朝から幸せです」などのコメントが相次いだ。

 また、共演の松下もインスタグラムのストーリーズに“写真で一言”を投稿していた。

引用:「吉高由里子」ツイッター(@ystk_yrk)
   ドラマ『最愛』公式ツイッター(@saiai_tbs)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?