『るろうに剣心』新アニメが2023年放送 剣心役は斉藤壮馬、薫役は高橋李依

『るろうに剣心』新アニメが2023年放送 剣心役は斉藤壮馬、薫役は高橋李依

テレビアニメ『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』キャラクタービジュアル(C)和月伸宏/集英社・「るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-」製作委員会

9月24日開催の「アニプレックスオンラインフェス」にて、『るろうに剣心』の新アニメが2023年のノイタミナ(フジテレビ系)ほかにて放送されることが明らかになった。併せて、PV、キャラクタービジュアル、スタッフ、キャスト情報が解禁された。

 原作は、コミックスシリーズ累計7200万部を記録する和月伸宏による剣戟アクション漫画『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』。1996年に初のテレビアニメ化を果たすとOVAや劇場映画などさまざまな展開を経て、現在は『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚・北海道編-』が「ジャンプSQ.」(集英社)にて連載中。実写映画はシリーズ累計興行収入193億円を記録している。

 満を持して発表された今作は、監督・山本秀世(『ストライク・ザ・ブラッド』)、シリーズ構成・倉田英之(『メイドインアビス』)、キャラクターデザイン・西位輝実ら実力派スタッフが集結。さらに原作者・和月伸宏が自らキャラクターデザインやシナリオなど全編にわたって完全監修し、原作第1話から再構築。制作を担当するライデンフィルムの最新のアニメーション技術で、現在のアニメファンにもアピールしうるクオリティを目指す。

 キャスト陣も一新して臨む本作。キャラクタービジュアルが解禁された緋村剣心役を斉藤壮馬、神谷薫役を高橋李依が演じる。

 斉藤は、「子供のころからずっと親しんできた『るろうに剣心』に、剣心その人の声を担当する役者として出演させていただけるなんて、本当に夢のようです。同時に、これだけ多くの方に長い間愛されている作品に関わるという責任の重さも感じております。一言ひとことに誠意を込め、全力で臨む所存です」と意気込みを語る。

 高橋は「とにかく驚きました。たくさん考え、今の全力で挑んだオーディションではありましたが、受かったという言葉の意味がわからなくなるほど驚きました。先日PVなどの収録があり、段々と実感が湧いてきていますが、ドッキリでしたと言われたら信じてしまいそうです」と明かしている。

 解禁された第1弾PVでは、紅葉が舞う林の中で剣心が1人刀を抜くシーン、そして剣心が回想するように多数の刺客を真剣で斬り倒す闇夜のシーンがリンクするように映し出される。その後、「辻斬りも今夜でおしまいよ」と木刀を向ける女性に「おろ」と反応するシーンで映像は終了する。

 原作者・和月伸宏のコメントも到着。「四半世紀の時を経ての新作というコトもあり、今作は信頼できる新スタッフと忖度一切なしのガチ選考で選ばれた実力派新キャストでの制作となります。先日、第1回アフレコに参加しましたが文句なしの赤丸花丸太鼓判。『ここは一つ、原作者も新原作者にすれば更に素晴らしくなるのでは?』と思う程の出来映えでした」と、今作の仕上がりを絶賛。

 さらに、「るろうに剣心はこれまで漫画、アニメ、OVA、ゲーム、小説、実写映画と様々な形で描かれてきましたが、自分としてはそれら全てがマルチバースに存在する紛うことなき本物だと考えています。この本物達に新たに加わる新作アニメ、るろうに剣心を永く愛し続けてくれる人にも今この瞬間興味を持ってくれた人にも楽しめる作品になると思いますので是非是非御覧下さい」とコメントしている。

 テレビアニメ『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』は、フジテレビ系「ノイタミナ」枠にて2023年放送。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?