小島瑠璃子、留学前最後の仕事を終え感慨「こんなに寂しくて嬉しくて楽しい日は初めて」

小島瑠璃子、留学前最後の仕事を終え感慨「こんなに寂しくて嬉しくて楽しい日は初めて」

小島瑠璃子(2018年撮影) クランクイン!

タレントの小島瑠璃子が24日に自身のツイッターを更新し、この日午前に放送されたレギュラーを務める『サタデープラス』(MBS・TBS系)への出演で、中国留学前の最後の仕事を終えたことを報告した。ファンからは「長い間お疲れさまでした」「寂しいけどこれからの新しいスタート陰ながら応援しています」などとねぎらいの声が寄せられている。

 小島は8月に、将来中国に生活の拠点を置くことを見据え、来年より中国の大学へ留学すると発表していた。この日の、『サタデープラス』生放送が留学前の日本での最後の仕事となった。

 生放送終了後にツイッターを更新した小島は、「最後の仕事、サタプラの生放送でした!」とファンに報告。「今までデビューしてから13年間本当にありがとうございました 最後は大好きな人達に囲まれてお仕事を終えることが出来ました」と7年間レギュラーを務めた番組を振り返り、「こんなに寂しくて嬉しくて楽しい日は初めてです」と思いを明かした。

 ツイートに添えられた写真には、番組で共演する13歳の伊藤篤志(Boys be/関西ジャニーズJr.)から贈られた花束が。花束には「7年間お疲れ様でした。本当にお世話になりました」との直筆メッセージが添えられている。

 このツイートにファンからはねぎらいの声が殺到。「新しい旅立ちに幸あれ」「これから大変なことたくさんあると思いますが、こじるりさんの笑顔とパワーで突き進んでほしいなと思います!」「一度きりの人生です、楽しく悩み悔いの無い人生をおくって下さい!」と温かいエールも多く届けられている。

 また、番組で共演するモデルでタレントのアン ミカも自身のインスタグラムにこの日撮影した小島との2ショットを投稿。「たーーーっくさんの、歴代関わったスタッフの方々に温かく見守られ送り出されてのラストに、目頭が熱くなりました。。。」とこの日の番組を振り返りつつ、「その勇気ある大きな決断に尊敬の念を持ち、心からのエールを送ります」とメッセージを送っている。

引用:「小島瑠璃子」ツイッター(@ruriko_kojima)
   「アン ミカ」インスタグラム(@ahnmikaofficial)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?