虚淵玄の小説『アイゼンフリューゲル』劇場アニメ化 水島精二、武内崇、梶浦由記ら参加

虚淵玄の小説『アイゼンフリューゲル』劇場アニメ化 水島精二、武内崇、梶浦由記ら参加

劇場アニメーション『アイゼンフリューゲル』ティザービジュアル(C)虚淵玄/小学館/「アイゼンフリューゲル」製作委員会

『魔法少女まどか★マギカ』『PSYCHO‐PASS』などの脚本を手掛けた虚淵玄原作の『アイゼンフリューゲル』の劇場アニメ化が決定。スタッフ情報、ティザービジュアル、ティザーPVが解禁された。

 原作は、虚淵玄が2009年に刊行した小説『アイゼンフリューゲル』。まだ大空が巨大な翼を備えた龍のものであった時代を舞台に、ひとりの男が自由を求め闘う夢の物語を描く。

 数年前に隣国と交わした戦火の記憶も生々しいシルヴァーナ共和国では、龍たちから空の覇権を奪い取ろうと、その速さに挑戦する者たちがいた。類まれな操縦能力を持つパイロット、カール・シュニッツは世界初のジェットエンジン搭載型航空機ブリッツフォーゲルを駆り、最も速い龍・帝凰龍(カイザードラッヘ)を超える速度で飛翔するという前人未踏の領域に挑戦する。

 これまで『鋼の錬金術師』や『機動戦士ガンダム00』シリーズなど“戦争と個人”のドラマを描き続ける水島精二が総監督として全体を統括。アクションからドラマまで確かな演出で評価を得る小松田大全が監督を務め、A‐1 Pictures とともに本作の要である龍と航空機の空戦チェイスを迫力の映像に仕立てる。『Fate/stay night』シリーズなどの武内崇がキャラクターデザイン、梶浦由記が音楽を担当する。

 解禁されたティザーPVには、1機の戦航空機と眼を開く龍、空を見上げる少年と少女をはじめとした登場人物が登場。「航空機と龍」「戦争と人」が紡ぐ壮大な物語の幕開けを予感させる映像となっている。

 虚淵は、「昔昔あるところにニトロプラスというエロゲ屋がありました。そこにひょっこり劇場アニメ企画のオファーが転がり込んできたので、脚本家は異世界で龍とジェット航空機が性能比べをする企画書を出しました。すると社長は言いました『これ1クールアニメの構成案に組み直して』。慌てた脚本家は内容を盛りました。しかし企画の進捗は音沙汰がなくなり誰もが忘れてしまいました」と、小説の原形が企画書だったことを説明。

 続けて、「それからしばらくして、ガガガ文庫と縁のできた脚本家は『あっそういえばお蔵入りしてたアレを』と思い立ち、埃を被っていた構成案を上下巻の小説に仕立て直しました。それからまたしばらくして、アニプレックスが『これ映画化しませんか?』とオファーしてきてくれました。こうしてアイゼンフリューゲルは20年近い時を経てとうとう本当に劇場アニメになりましたとさ。めでたしめでたし」と、劇場アニメ化に至ったいきさつを明かしている。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?