『青春ブタ野郎』シリーズ新作アニメ制作決定 青ブタ《高校生編》完結の2作を発表

『青春ブタ野郎』シリーズ新作アニメ制作決定 青ブタ《高校生編》完結の2作を発表

アニメ『青春ブタ野郎』シリーズ新作発表ビジュアル(C)2022 鴨志田 一/KADOKAWA/青ブタ Project

鴨志田一原作のアニメ『青春ブタ野郎』シリーズの新作『青春ブタ野郎はおでかけシスターの夢を見ない』『青春ブタ野郎はランドセルガールの夢を見ない』の制作が決定。新作発表ビジュアル・特報が解禁された。

 原作は、累計発行部数200万部を超える小説“青春ブタ野郎”シリーズ。アニメシリーズは、2018年10月よりテレビアニメ『青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない』が放送、翌年6月には劇場版『青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない』が公開された。

 空と海に囲まれた街“藤沢”を舞台に、かけがえのない“当たり前”が詰まった思春期ファンタジーの最新作は、監督・増井壮一、脚本・横谷昌宏、キャラクターデザイン・田村里美、制作・CloverWorksと、前作のスタッフが集結。“青ブタ”《高校生編》の完結を描く。

 メインキャストとして、梓川咲太役を石川界人、咲太の恋人・桜島麻衣役を瀬戸麻沙美、咲太の妹・花楓役を久保ユリカが演じる。このほか東山奈央、種崎敦美、内田真礼、牧之原翔子:水瀬いのりが出演する。

 『青春ブタ野郎はおでかけシスターの夢を見ない』では、花楓が「お兄ちゃんが行ってる高校に行きたい」と胸の内を打ち明ける。高校2年生の3学期を迎えた咲太。先輩で恋人の桜島麻衣は3年生となり、峰ヶ原高校で一緒に過ごせる学生生活も残りわずかとなった。そんななか、長年おうち大好きだった妹の決意を知った咲太は、極めて難しい選択と知りながらも優しく背中を押す決意をする。

 『青春ブタ野郎はランドセルガールの夢を見ない』は、咲太の前に、卒業式を迎えた麻衣の子供時代そっくりな小学生が現れたことがきっかけで物語が展開。咲太は父親から、花楓に起きた出来事を受け止めきれず、入院していた母親の「会いたい」という願いを知る。その願いに応え、花楓と母親に会うことを決める咲太の体には見慣れない傷跡が現れる。これは新たな思春期症候群の前触れか…。

 解禁された特報と、原作イラスト・溝口ケージ氏によって描きおろされた新作発表ビジュアルは、藤沢で江ノ電に乗る梓川花楓と七里ヶ浜で佇む桜島麻衣にそっくりな小学生が描かれている。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?