『呪術廻戦』第2期は2クール連続放送 「渋谷事変」ティザービジュアル解禁

『呪術廻戦』第2期は2クール連続放送 「渋谷事変」ティザービジュアル解禁

テレビアニメ『呪術廻戦』第2期「渋谷事変」ティザービジュアル(C)芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会 (C)Sumzap,Inc.

本日配信された「TOHO animation 10周年 大感謝祭」にて、2023年に放送予定のテレビアニメ『呪術廻戦』第2期の2クール放送が発表された。併せて、「渋谷事変」のティザービジュアルも解禁された。

 原作は、「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)にて連載中の、芥見下々による同名漫画。人間の負の感情から生まれる呪いと、それを呪術で祓(はら)う呪術師との戦いを描き、既刊20巻にしてシリーズ累計発行部数は7000万部を突破している。

 「TOHO animation」レーベルの10周年を記念して配信された「TOHO animation 10周年 大感謝祭」。榎木淳弥(虎杖悠仁役)、内田雄馬(伏黒恵役)、瀬戸麻沙美(釘崎野薔薇役)ら出演キャスト陣が参加し、第2期では五条と夏油の高専時代のエピソード「懐玉・玉折」から「渋谷事変」の連続2クール放送が発表された。

 「渋谷事変」は、10月31日にハロウィンで賑わう渋谷の街で起こる、第1期から続く時間軸の物語。呪術師と呪詛師とのかつてない規模の壮絶な死闘がダイナミックに展開する。

 「渋谷事変」のティザービジュアルも公開。電車内で明るい表情を見せる現在の呪術高専東京校“1年ズ”の虎杖悠仁、伏黒恵、釘崎野薔薇と、彼らの教師で最強の呪術師・五条悟が描かれており、先日解禁された「懐玉・玉折」ビジュアルと繋げて過去と現在が交差する1枚になる仕掛けが施されている。

 テレビアニメ『呪術廻戦』第2期は、2023年2クール連続放送。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?