薬師丸ひろ子、林原めぐみ、生田絵梨花らが松任谷由実の名曲を歌う 『MUSIC FAIR』ユーミン・リスペクト特集

薬師丸ひろ子、林原めぐみ、生田絵梨花らが松任谷由実の名曲を歌う 『MUSIC FAIR』ユーミン・リスペクト特集

『MUSIC FAIR』ユーミン・リスペクト特集を放送(写真左上から)薬師丸ひろ子、徳永英明、松任谷由実、林原めぐみ、三浦大知、生田絵梨花(C)フジテレビ

10月8日18時放送の『SHIONOGI MUSIC FAIR』(フジテレビ系)は、「リスペクト!ユーミン」と題し、今年50周年を迎えた松任谷由実の名曲カヴァー特集を送る。

 最初に登場するのは生田絵梨花。映画『魔女の宅急便』でもおなじみの、幅広い世代に愛される名曲「ルージュの伝言」を歌う。ユーミンのツアーにバックコーラスとして参加する今井マサキ、佐々木詩織をはじめとするコーラス陣と生田で、『魔女の宅急便』の主人公キキを連想させる衣装に身を包み、かわいらしく歌い踊る姿が印象的なパフォーマンスだ。

 続いて、徳永英明が「ユーミンさんの思いがいっぱいに詰まった曲」と紹介する「翳(かげ)りゆく部屋」を熱唱。数々の女性アーティストによる楽曲をカバーしてきた徳永が、どのようにユーミン・ソングを表現するか注目だ。

 3人目は、声優としても人気の林原めぐみが登場。林原自身による歌唱で、映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版』でも印象的だった「VOYAGER~日付のない墓標~」を、テレビでは初めて披露する。また、林原からユーミンにあてた手紙が読み上げられ、ユーミンとこの歌に対する熱い思いが伝えられる。

 続いて、三浦大知が1973年発売のスタンダードナンバー「ひこうき雲」を熱唱。三浦は「この曲はユーミンさんが10代の頃に書かれた曲だと聞きました。丁寧に精いっぱい歌わせていただきます」とあいさつした。

 最後は、薬師丸ひろ子による「守ってあげたい」。ユーミンの楽曲としては、自身が歌う映画『Wの悲劇』の主題歌「Woman“Wの悲劇”より」がなじみ深い薬師丸だが、今回はそれより前に薬師丸が主演した映画『ねらわれた学園』のユーミンによる主題歌をカヴァーする。

 また、この日は『SHIONOGI MUSIC FAIR』にこれまで出演したユーミン自身の貴重な過去映像もたっぷりと放送。ユーミンからの最新メッセージも届ける。

 『SHIONOGI MUSIC FAIR』ユーミン・リスペクト特集は、フジテレビ系にて10月8日土曜18時放送。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?