藤間爽子&山崎樹範、『silent』出演 主人公の親友役&高校時代の恩師に

藤間爽子&山崎樹範、『silent』出演 主人公の親友役&高校時代の恩師に

ドラマ『silent』に出演する藤間爽子、山崎樹範(C)フジテレビ

女優の川口春奈が主演を務める10月6日スタートのドラマ『silent』(フジテレビ系/毎週木曜22時)の追加キャストとして、藤間爽子と山崎樹範の出演が発表された。藤間は主人公・紬(川口)の良き相談相手でもある親友役、山崎は紬や想、湊斗の高校時代の恩師役を務める。

 本作は、川口演じる主人公の青羽紬が、かつて本気で愛した恋人である目黒蓮(Snow Man)演じる佐倉想と、音のない世界で“出会い直す”ラブストーリー。

 藤間が演じるのは、主人公・紬の高校時代からの親友・横井真子。紬とは高校卒業から10年近くたった今でも、よく食事に行ったり、お互いの家に泊まったりする良き理解者の1人で、同じ高校に通っていた想と戸川湊斗(鈴鹿央士)のこともよく知る人物だ。さっぱりした性格からか、思ったことを遠慮なく口にすることも多い一方で、高校時代には、想に思いを寄せていた紬のことを、さりげなく支えてあげるなど、細やかな気遣いができる一面も。そんなある日、8年ぶりに想の姿を見かけたと、紬から突然の相談を受けることになり…。

 藤間がフジテレビ系ドラマに出演するのは今回が初めて。役どころについて「真子という役は、一見サバサバしていて、自由奔放な性格でありながらも、実は誰よりも大人で、みんなのことを一歩引いて見てあげることのできる、気遣い屋さんで心優しい子だと思いました」とした上、主演の川口については「春奈と私は、紬と真子同様、実際に同い年で本当の同級生。プライベートでもたまにご飯へ行ったりする仲なので、撮影中も終始、女子トークが繰り広げられています(笑)。2人の空気感は、もしかしたら役作りをしなくても、リアルな2人の関係性が生み出してくれるような気がしています」と話す。

 山崎が演じるのは、紬や想、湊斗が通っていた高校の教師であり、現在はフットサル場を経営している古賀良彦。教師だった時には想や湊斗も所属していたサッカー部の顧問を務めており、今でもその当時の教え子たちと連絡を取り合うなど友人のような関係を続けている。そんな古賀は学生時代の紬と想を冷やかしながらも、初々しい2人の恋愛を応援していた1人でもある。教師を辞めて数年たったある日、自身が経営するフットサル場にやって来た湊斗の口から想の名前が出たことに驚きを隠せないようで…。

 山崎が木曜劇場に出演するのは『蜜の味~A Taste Of Honey~』(2011年10月期)以来、11年ぶり。「台本を読んですぐに、これは生半可な気持ちで参加してはいけない作品だと思いました。誰かの幸せを願う時に自分が不幸になってしまうとしたらどうするか?誰も悪くないのに誰かが傷ついてしまうとしたらどうするか?かなり難しい作品です。そしてそれだけにやりがいがあります」とした上、役柄については「私の演じる古賀先生は、卒業してからも生徒たちとつながっている、良く言えば友達のような、悪く言えば少しなめられているような(笑)、そんな先生です。主人公の紬をはじめ3人のことを学生の頃から知っている先生として、どんな境遇であろうと、それぞれがどんな思いでいようと誰か1人に肩入れせずに皆に平等であろうと心がけています」と語っている。

 木曜劇場『silent』は、フジテレビ系にて10月6日より毎週木曜22時放送(初回15分拡大)。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?