さとう珠緒、マルシアにマジギレされ撮影ストップ てん末明かす

さとう珠緒、マルシアにマジギレされ撮影ストップ てん末明かす

さとう珠緒(写真は2016年撮影) クランクイン!

タレントのさとう珠緒が、28日放送の『上田と女が吠える夜』(日本テレビ系)の2時間スペシャルに出演。かつてバラドルとして活躍していた際、スタッフの指示でマルシアに毒舌を放ち、撮影がストップしたというエピソードを明かした。

 番組には「平成のバラエティーを生き抜いた女たちが今宵大集結!」と題して、かつてテレビのバラエティー番組を彩ったさとう、坂下千里子ら女性タレントが集結し、トークを繰り広げた。

 トークでは番組スタッフからの無茶なカンペ指示が話題に。インリン・オブ・ジョイトイがかつて、カンペで「デヴィ夫人の頭 蛾みたいですね」と本人に向かって言え、という指示が出てしまい、プレッシャーに負けて言ったところ、本人に怒られたというエピソードを披露した。

 これに関連して、さとうは、「とにかくケンカしてほしい」とスタッフから指示を受けた番組があると告白。『吠える夜』ではその時の映像が公開され、さとうがマルシアに「嫌な感じのオバサンだわ」と口走ったところ、マルシアは「そんな歳は変わらない」と不敵な笑みを浮かべながらも、そのままスタスタと撮影していた部屋から退出してしまった。

 指示されたままに話しただけなのに、結果、さとう自身がマルシアのもとに謝りにいったという。その番組の放送翌日、そのことを坂下に話したところ、「なんで珠緒さん、謝るんですか!?」と焚きつけられたそうで、そのときの発言を覚えていない様子の坂下はあ然とした表情で、「武闘派!」「どういうこと?」というガヤが飛ぶ中、「謝った方がいいと思います!」と当時の発言を訂正し、笑いを誘っていた。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?