『六本木クラス』最終回 新、意識回復 葵を救うために命をかけた“最後の戦い”に挑む

『六本木クラス』最終回 新、意識回復 葵を救うために命をかけた“最後の戦い”に挑む

ドラマ『六本木クラス』最終回より(C)テレビ朝日

俳優の竹内涼真が主演するドラマ『六本木クラス』(テレビ朝日系/毎週木曜21時)の最終回が29日の今夜放送される。

■最終回あらすじ

 意識不明で病院に運ばれてきた宮部新(竹内)だったが、やがて意識を回復。そのニュースを目にした長屋龍河(早乙女太一)は何かを企み、長屋茂(香川照之)に電話で麻宮葵(平手友梨奈)と長屋龍二(鈴鹿央士)の居場所を伝えた上で「僕から最後に、父さんにプレゼントを贈るよ」と告げる。

 一方、龍河からあるメールを受け取った新は、涙ながらに訴える楠木優香(新木優子)の制止を振り切って、体を引きずりながら内山亮太(中尾明慶)と共に茂のもとへ向かう。龍二たちの居場所を聞く新に、この期に及んで茂は「この私に、土下座できるか?」と言い放つ

 その頃、倉庫内に閉じ込められていた葵と龍二は、龍河に反撃して部屋から逃げ出すも、追ってきた龍河と木野(松田賢二)らに追い詰められてしまう。

 ドラマ『六本木クラス』はテレビ朝日系にて毎週木曜21時放送。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?