“仲居初挑戦”ののんに大島優子が接客の心得を伝授 『天間荘の三姉妹』本編映像解禁

“仲居初挑戦”ののんに大島優子が接客の心得を伝授 『天間荘の三姉妹』本編映像解禁

映画『天間荘の三姉妹』場面写真(C)2022 高橋ツトム/集英社/天間荘製作委員会

女優ののん、門脇麦、大島優子が共演する映画『天間荘の三姉妹』より、仲居として働くことになったたまえ(のん)が、異母姉の若女将・のぞみ(大島)から接客の心得を教わる場面を切り取った本編映像が解禁された。

 女優ののん、門脇麦、大島優子が共演する映画『天間荘の三姉妹』より、仲居として働くことになったたまえ(のん)が、異母姉の若女将・のぞみ(大島)から接客の心得を教わる場面を切り取った本編映像が解禁された。

 本作は、現在ハリウッドを拠点に活躍する北村龍平監督が、漫画家・高橋ツトムの代表作『スカイハイ』のスピンオフ作品である同名漫画を映画化。いのち、ひとの生と死、家族や近しい人たちとのつながりなど、誰にとっても人ごとではないテーマを、見る者の心に問いかけながら見つめていく。

 天界と地上の間にある街、三ツ瀬。美しい海を見下ろす山の上に、老舗旅館「天間荘」がある。切り盛りするのは若おかみの天間のぞみ(大島優子)だ。のぞみの妹かなえ(門脇麦)はイルカのトレーナー。2人の母親にして大おかみの恵子(寺島しのぶ)は逃げた父親をいまだに恨んでいる。

 ある日、小川たまえ(のん)という少女が謎の女性イズコ(柴咲コウ)に連れられて天間荘にやってきた。たまえはのぞみとかなえの腹違いの妹で、現世では天涯孤独の身。交通事故に遭い、臨死状態に陥ったのだった。イズコはたまえに言う。「天間荘で魂の疲れを癒して、肉体に戻るか、そのまま天界へ旅立つのか決めたらいいわ」。しかし、たまえは天間荘に客として泊まるのではなく、働かせてほしいと申し出る。そもそも三ツ瀬とは何なのか? 天間荘の真の役割とは? たまえにも「決断の時」が刻々と近づいていた―。

 今回解禁されたのは、天間荘で仲居として働くことになったたまえ(のん)が、若女将・のぞみ(大島)から接客の心得を教わる場面を切り取った本編映像。

 緊張の面持ちで、のぞみに作務衣を着付けてもらうたまえ。見慣れない自分の仲居姿にぎこちない様子を見せるたまえに、のぞみは「おもてなしの基本は、常にどうしたらお客様に喜んでもらえるかを考えて行動すること」と接客の心得を伝授。「まさかお客様の前に出ることになるなんて。大丈夫ですかね、私」と心配するたまえに、「大丈夫、っていうか…私でも大丈夫じゃないお客様だから、大丈夫」と答え、この旅館に滞在している、のぞみさえも手こずらせるとある客の存在をほのめかす。

 その意味深な言葉に「どういうことですか?」と戸惑うたまえに、のぞみは「いいからいいから。笑顔を忘れずにね」と微笑みかける…。果たして、天間荘で接客業をすることになったたまえが、仕事を通してどのように成長し、どのように自らのいのちと向き合っていくのか。天空と地上の狭間で紡がれる、心温まる感動の物語に期待が高まる。

 映画『天間荘の三姉妹』は、10月28日より全国公開。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?