東映、東京撮影所に日本最大のLEDスタジオを新設

東映、東京撮影所に日本最大のLEDスタジオを新設

仕上がりのイメージ

東映は、10月1日に東京撮影所(東京都練馬区東大泉)にバーチャルプロダクション部を発足させ、先端技術による新しい映像制作技術であるバーチャルプロダクションの実証試験に取り組むと発表した。東京撮影所No.11ステージを、横30m×縦5mのLEDウォールを設置した現時点で日本最大のLEDスタジオとしてリニューアルし、2023年1月から運用開始する予定だ。

 同社は今後5年間で約20億円を投資し、映像作品の制作工程で、この LEDスタジオを利用していく。これにより、「先端技術であるバーチャルプロダクション」を含む映像全般のテクニカルフォローができる日本随一のテクニカルチームの育成、背景用のデジタルアセットの制作ノウハウやデジタルアセットの蓄積、同社の制作する映像コンテンツの高品質化などを図る。

 バーチャルプロダクションとは、仮想空間の背景と実物の被写体(俳優や小道具)を同時に撮影し、合成する撮影手法。多くは背景にLEDパネルを設置したもので、背景のLEDパネルに映像やCGIを表示させる。

 米国、インド、韓国などでは多くのLEDステージが新しく設立され、『マンダロリアン』『ザ・バットマン』など制作作品数も増えているが、国内では、CMやMVなどで利用されているものの、映画やドラマに使用される例はまだ少ない。

 LEDウォールを使用したバーチャルプロダクション撮影では、

■従来のグリーンバックを使ったクロマキー合成と違って合成工程が不要となり、ポストプロダクション工程の大幅な圧縮が可能になる

■ロケ地や移動時間、天候に左右されないため、移動等にかかる経費を削減でき、俳優や監督等スタッフのスケジュールも確保しやすくなる

■LEDウォールが照明の代わりを果たすため、環境光を自然に作ることが可能となり、照明セッティングの時間が短縮できる

■クロマキー合成と異なり、LEDウォールに映像が映し出されるため、俳優が演技に没入しやすいより良い芝居環境を提供できる

■LEDウォールに映す背景用に制作したデジタルアセットは、次回以降の撮影にも活用でき、またスタジオに現物セットを建て込み・撤去する時間が不要なため、スタジオの稼働率が向上でき、廃材等も発生しない

-といった利点があるという。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?