今夜放送“リクエスト”金ロー、『アダムス・ファミリー』放送 こがけんが見どころを解説

今夜放送“リクエスト”金ロー、『アダムス・ファミリー』放送 こがけんが見どころを解説

映画『アダムス・ファミリー』ビジュアルTM & Copyright (C) 2022 by Paramount Pictures. All rights reserved.

ホラーコメディー映画『アダムス・ファミリー』が、今夜9月30日21時から『金曜ロードショー』(日本テレビ系)にて放送される。映画大好き芸人こがけんが、30年以上たっても色あせない本作の見どころを、同日20時54分放送の『まもなく金曜ロードショー』(日本テレビ)で紹介する。

 こがけんは「この作品の魅力は何と言っても…独特な世界観です。手首から先だけの“ハンド”というキャラクターの疾走シーンから始まる本作。もしかすると、のっけから置いてけぼりを食らう人もいるかもしれません。それもそのはず、映画が始まるやいなや、顔色の悪い夫婦が出てきて愛を囁き合い、霊をこの世に下ろす降霊会がどうのこうのと話してるところへ弁護士がやってきたと思ったら、その弁護士と夫とのチャンバラが始まるんです。人によってはこう思うでしょう。『おい、今一体何が起こってるか説明してくれよ!』と。ただ、ご安心ください。焦らずともほどなくしてストーリーが見えてきます。序盤は細かいことは気にせずに、この独特のちょっぴり怖くて笑える世界観を受け入れること。それが本作を楽しむ秘訣です!」とアドバイス。

 アダムス一家については「不気味な洋館に住むミステリアスな一家で、当主ゴメズの妻モーティシアとその母親は、なんと魔女の末裔なんです。その夫婦には物騒な遊びやイタズラを好む二人の子供や、大男の執事もいますが、全員顔色に血の気がなく、まるで幽霊みたいな雰囲気なんですね。彼らが普通と違っているのは、それだけじゃないんです。それは、彼らにとって“邪悪なことや忌まわしいことや不気味なこと”はマイナスどころかプラスの出来事だということ。先祖は、異常人格者や殺人鬼みたいな人ばかりで、皆ろくな死に方をしていないんですが、彼らはそれを誇りに思ってるんですね」と解説。

 本作のあらすじについては「アダムス一家の当主ゴメズの兄で、25年も失踪したままのフェスターという男になりすましたゴードンという男とその母親の親子が、屋敷に眠る金貨を狙って一家に近づこうとするお話。このゴードン、失踪した兄のフェスターにとても似ていることを利用して、母親の命令で偽フェスターとしてアダムス一家に潜り込もうとするんですが、普通に考えてそんなのすぐにバレるはずじゃないですか? ただ、バレないんですよ。当主のゴメズは、かなり鈍感な男ですっかり信じて受け入れちゃうんですよ、ワクワクしますね」と説明する。

 さらに注目のシーンについて、「名シーンは色々とあるんですが、特に注目のなのは、アダムス家の子供達の演劇のシーン。アダムス家の子供達は一般の子供達も通う普通の学校に通ってるんですけど、そこで演劇の出し物をすることになるんです。ただ、彼らが普段家で遊びに使っているのはギロチン台とか電気イスですよ。嫌な予感がしますよね(笑)」と語っている。

 なお、日テレ公式チャンネルYouTubeにて、『アダムス・ファミリー』PR動画(9月30日22時45分まで)を公開中。

 映画『アダムス・ファミリー』は、『金曜ロードショー』(日本テレビ系)にて9月30日21時放送。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?