新たな“脅威”が写しだされる、劇場版『SAO ‐プログレッシブ‐』本予告解禁 初日舞台挨拶も決定

新たな“脅威”が写しだされる、劇場版『SAO ‐プログレッシブ‐』本予告解禁 初日舞台挨拶も決定

『劇場版 ソードアート・オンライン ‐プログレッシブ‐ 冥き夕闇のスケルツォ』場面写真(C)2020 川原 礫/KADOKAWA/SAO-P Project

新たな公開日が10月22日に決まった『劇場版 ソードアート・オンライン ‐プログレッシブ‐ 冥き夕闇のスケルツォ』より、主題歌「心臓」を使用した本予告映像が解禁。さらに、初日舞台挨拶の開催も決まった。

 原作は、第15回電撃小説大賞を受賞した川原礫による小説『ソードアート・オンライン』シリーズ(電撃文庫)。次世代VRMMORPG《ソードアート・オンライン(SAO)》を舞台に繰り広げられる主人公キリトの活躍を描いた物語は、2009年4月の第1巻発売以来高い人気を誇り、2022年現在、全世界での累計発行部数は3000万部を超える。

 『ソードアート・オンライン プログレッシブ』は、《SAO》物語のすべての始まり、アインクラッド第一層からの軌跡を、深く掘り下げながら詳細に描く、作者自身によるリブート・シリーズ。2021年、キリトからヒロインのアスナへ視点を変えて再構築し、新たな《アインクラッド》編を描く完全新作アニメーション映画としてシリーズが始動。第1弾『星なき夜のアリア』は、週末興行収入ランキングで初登場第1位を記録し、全都道府県で10週間にわたるロングランヒットとなった。本作はその続編となる。

 この度解禁された予告は、オリジナルキャラクター・ミトのセリフから始まり、デスゲーム内の新たな“脅威”が写し出される。そして、藍井エイルによる主題歌「心臓」にのせて、圧倒的なバトルアクションが描かれている。

 公開日には、新宿バルト9とユナイテッド・シネマ豊洲にて舞台挨拶も開催。ゲストに主人公・アスナ役の戸松遥、キリト役の松岡禎丞、腕利きの情報屋・アルゴ役の井澤詩織、主題歌アーティストの藍井エイルが登壇し、初日を盛り上げる。チケットは10月15日から一般販売が開始、価格は2800円(税込)。

 『劇場版 ソードアート・オンライン ‐プログレッシブ ‐ 冥き夕闇のスケルツォ』は、10月22日より公開。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?