3時のヒロイン・かなで初主演ドラマ『デブとラブと過ちと!』11月放送開始 W主演に超特急・草川拓弥

3時のヒロイン・かなで初主演ドラマ『デブとラブと過ちと!』11月放送開始 W主演に超特急・草川拓弥

ドラマ『デブとラブと過ちと!』でダブル主演する(左から)3時のヒロイン・かなで&超特急・草川拓弥(C)ままかり/ソルマーレ編集部(C)TOKYO MX

3時のヒロインのかなでと超特急の草川拓弥がダブル主演するドラマ『デブとラブと過ちと!』が、TOKYO MXにて11月7日より毎週月曜22時に放送されることが決まった。かなではドラマ初主演。

 本作は、電子書籍サイト「コミックシーモア」で累計6000万DL突破のままかりによる同名漫画を原作とした、超ポジティブな記憶喪失のヒロインと若手副社長が繰り広げるドタバタラブコメディ。

 物語は、コンプレックスの塊・夢子がある日、ビルの屋上から落下してしまうところから始まる。なんとか一命を取り留めた夢子。しかし、目が覚めた彼女は 「これが…私…!? 超かわいい」と、以前と180度違う彼女に変わっていた。そんな夢子に周囲は驚きと戸惑いの連続。しかし、超ポジティブになった夢子によって環境は大きく変わっていく。恋に、仕事に、友情に…全力で突き進む夢子とその仲間たちの姿が、原作とは一味違った展開で描かれる。

 映画『地獄の花園』、『KAPPEI カッペイ』などで個性あふれる強烈なキャラクターを熱演、学生時代に演劇を専攻していた3時のヒロイン・かなでが、ヒロイン・夢子役を務める。また、夢子が恋する若手副社長・結城役には、超特急・草川拓弥。メインダンサー&バックボーカルグループ「超特急」のタクヤとしても活動する草川は、ドラマ『みなと商事コインランドリー』に続き、2クール連続の主演となる。

 かなでは「ドラマの主役なんて…夢子を演じるなんて…全てが夢みたいです。夢子の顔が自分に似ていると思ってこの漫画を読み始めたので、お話をいただいた時は本当に驚きました。沢山の方々に見ていただけたら嬉しいです。家族と相方と友達は強制です」とコメント。

 草川は「原作を読ませていただき、この先の展開と夢子のあたたかい前向きなセリフの数々に、気づけば僕自身が勇気づけられていました。ドラマでは原作とはまた違ったストーリーになりますが、原作にも負けない素敵なドラマを描けるよう精一杯演じさせていただきます。また新しい役どころにわくわくしています」と話す。

 原作者のままかりは「以前から、実写化するならば3時のヒロインかなでさんの明るく可愛らしい太陽のような雰囲気が夢子役にピッタリだと思っておりましたので、かなでさんが引き受けてくださったことや本作を知っていてくださったこと、とても嬉しく勝手に運命すら感じています。草川拓弥さん(超特急)のミステリアスな圭介とダブル主演で、きっと楽しく超!面白いドラマになること間違いなし!と、一視聴者として楽しみで仕方ありません」としている。

 ドラマ『デブとラブと過ちと!』は、TOKYO MXにて11月7日より毎週月曜22時放送。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?