『ONE PIECE FILM RED』興収162億円突破! 第5弾入場者プレゼントにもファンから絶賛の声

『ONE PIECE FILM RED』興収162億円突破! 第5弾入場者プレゼントにもファンから絶賛の声

映画ONE PIECE FILM RED』動員1169万人&興行収入162億円を突破(C)尾田栄一郎/2022「ワンピース」製作委員会

現在公開中の映画『ONE PIECE FILM RED』が、公開から58日間で興行収入162億円、観客動員1169万人を突破した。10月1日からは第5弾入場者プレゼント「FILM RED メモリアルカード」の配布もスタートしている。

 本作は、全世界累計発行部数5億部を超える尾田栄一郎の同名漫画を原作とする人気アニメシリーズの最新映画。ルフィ率いる麦わらの一味が、世界で最も愛されている歌手・ウタ(ボイスキャスト:名塚佳織、歌唱キャスト:Ado)をめぐる騒動に立ち向かうさまを描く。

 8月6日に公開を迎えた本作は、公開初週の観客動員数が157万人、興行収入が22.5億円を突破するロケットスタートを記録。その勢いは夏休み終了後も落ちることなく、公開から20日目となる8月25日の興行で大台となる興行収入100億円を超えた。

 そして、公開58日間で興行収入162億円を突破。公開9週目となる10月1日、2日もペースを落とすことなく、9週連続週末興行ランキング1位を獲得して怒涛の快進撃を続けている。

 先日、10月1日からは、第5弾入場者プレゼント「FILM RED メモリアルカード」が全国50万枚限定で配布開始されている。早速手にしたファンからは、SNS上で「入場者特典のメモリアルカード使ってみたけど神すぎて泣いてる」「スマホであのエンディングが見れるって最高すぎるでしょ!」と絶賛の声が相次いでいる。

 さらに10月1日はヒロイン・ウタの誕生日。当日はSNSにお祝いイラストやコメントが数多く投稿され、一時はトレンド入りするなど大きな盛り上がりを見せた。全国生中継にて開催された#ウタ誕生祭イベントにも、たくさんのファンが集結し、ウタ役の名塚佳織とロミィ役新津ちせと一緒にウタの誕生日を祝った。

 音楽シーンでもまだまだ記録更新中。本作の主題歌『新時代』が、10月1日付けのビルボードHOT BUZZ SONGで8週連続首位を獲得。10月3日付けのオリコン週間ストリーミングランキングでは、主題歌・劇中歌が史上初の7週連続TOP4を独占する快挙を成し遂げた。

 映画『ONE PIECE FILM RED』は公開中。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?