【映画ランキング】『ONE PIECE FILM RED』勢い衰えず驚異のV9! 相葉雅紀主演『“それ”がいる森』は3位スタート

【映画ランキング】『ONE PIECE FILM RED』勢い衰えず驚異のV9! 相葉雅紀主演『“それ”がいる森』は3位スタート

10月1日~2日の全国映画動員ランキング1位:『ONE PIECE FILM RED』(C)尾田栄一郎/2022「ワンピース」製作委員会

10月1~2日の全国映画動員ランキングが興行通信社より発表され、『ONE PIECE FILM RED』が、週末土日動員27万3000人、興収3億4200万円をあげ、公開から9週連続で首位を獲得した。累計では動員1169万人、興収162億4700万円という数字を記録している。

 2位は、東野圭吾原作の「ガリレオ」シリーズ最新作『沈黙のパレード』が、週末土日動員16万5000人、興収2億1400万円をあげ、公開から3週連続で2位をキープ。累計では動員142万人を突破、興収は20億円に迫っている。

 3位も先週同様『映画デリシャスパーティ・プリキュア 夢みる・お子さまランチ!』が、週末土日動員11万人、興収1億2600万円を記録しランクイン。累計では動員46万人、興収5億円を突破した。

 4位は、ジャパニーズ・ホラーの巨匠・中田秀夫監督がメガホンをとり、相葉雅紀が主演を務めた映画『“それ”がいる森』が、初週土日動員9万9000人、興収1億2400万円をあげ初登場。初日から3日間の累計では、動員12万9000人、興収1億6500万円を記録している。また6位にも、水田伸生監督&阿部サダヲが4度目のタッグを組んだ映画『アイ・アム まきもと』が初登場でランクインした。

 既存作品では、公開5週目を迎えた『劇場版 うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEスターリッシュツアーズ』が、先週の8位から5位にランクアップ。公開19週目を迎えた7位『トップガン マーヴェリック』は、興収が130億円を突破した。

 10月1~2日の全国映画動員ランキングは、以下の通り。

第1位:『ONE PIECE FILM RED』
第2位:『沈黙のパレード』
第3位:『映画デリシャスパーティ・プリキュア 夢みる・お子さまランチ!』
第4位:『“それ”がいる森』
第5位:『劇場版 うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEスターリッシュツアーズ』
第6位:『アイ・アム まきもと』
第7位:『トップガン マーヴェリック』
第8位:『ヘルドッグス』
第9位:『HiGH&LOW THE WORST X』
第10位:『アバター:ジェームズ・キャメロン 3Dリマスター』

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?