松坂慶子70歳、体を張る! 『一橋桐子の犯罪日記』第1話舞台裏映像を放送に先駆け公開

松坂慶子70歳、体を張る! 『一橋桐子の犯罪日記』第1話舞台裏映像を放送に先駆け公開

土曜ドラマ『一橋桐子の犯罪日記』キービジュアル(C)NHK

10月8日スタートの女優の松坂慶子が主演するドラマ『一橋桐子の犯罪日記』(NHK総合/毎週土曜22時)より、第1話撮影の舞台裏を捉えたオフショット動画が解禁された。

 本作は、原田ひ香の人気小説を原作に、『阿佐ヶ谷姉妹ののほほんふたり暮らし』の脚本家・ふじきみつ彦が切なくもユーモアたっぷりに描く“終活青春グラフィティ”。

 主人公・一橋桐子は悲しみの淵に沈んでいた。3年間同居していた唯一無二の親友・宮崎知子が病気で亡くなったのだ。年金&パート生活も楽ではなく、このまま孤独死してしまうのではという思いが、桐子の心を絞り上げていく。そんな時にテレビで見た、ある逮捕者の「世の中に未練はなかった。刑務所に入りたくてやった」という供述に心奪われた桐子は、「余生を刑務所で過ごせないか」と思いつく。かくして桐子の“ムショ活”が始まった。犯罪計画を進めるにつれ、新たな経験や出会いをしていく桐子。果たして、無事に刑務所へとたどり着くことはできるのか―。

 一橋桐子を松坂が演じるほか、桐子が頼りにするパート先の上司役に岩田剛典、その他、長澤樹、片桐はいり、宇崎竜童、木村多江、由紀さおり、草刈正雄が共演する。

 放送に先駆けフライング公開された動画には、今年70歳を迎えた松坂が、大きなすべり台を滑ったり、真向いから風に吹かれながら台の上を這う体を張った“タイトル撮影”の様子、さらにポーズを次々と決める岩田の“ポスター撮影”など、快活で和気あいあいとした現場の空気が伝わる動画となっている。

 宇佐川隆史プロデューサーは、「第1話を放送する前に、おきて破りの“舞台裏を事前大放出”します。とはいえ、初回がより楽しみになる映像ばかりですので、ぜひご覧ください!」とメッセージを寄せている。

 土曜ドラマ『一橋桐子の犯罪日記』は、NHK総合にて10月8日より毎週土曜22時放送(全5話)。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?