“結婚前夜”&“離婚前夜”の男女に訪れた<出会い>の奇跡 イギリス発ミュージカル『トゥモロー・モーニング』公開決定

“結婚前夜”&“離婚前夜”の男女に訪れた<出会い>の奇跡 イギリス発ミュージカル『トゥモロー・モーニング』公開決定

映画『トゥモロー・モーニング』ポスター(C)Tomorrow Morning UK Ltd. and Visualize Films Ltd. Exclusively licensed to TAMT Co., Ltd. for Japan

ロンドンで喝采を浴びたミュージカルを、サマンサ・バークスとラミン・カリムルーという2大ミュージカルスターを迎えて映画化した『トゥモロー・モーニング』が、12月16日より公開されることが決定。日本版ポスタービジュアルと場面写真5点が解禁された。

 愛しているのに、すれ違ってしまう心と心。あの頃のふたりは素晴らしかったのに…。ローレンス・マーク・ワイスが脚本・作詞・作曲を手がけたオリジナルミュージカル『トゥモロー・モーニング』は、1組のカップルを結婚前夜と離婚前夜、過去と現在の2つの時間軸で追った物語。2006年にロンドンのウエストエンドで初演後、ニューヨークのオフ・ブロードウェイなど各国で上演され、熱烈な喝采を浴びた。日本でも2013年、シアタークリエで石井一孝、島田歌穂、田代万里生、新妻聖子という実力派キャストにより上演された。

 ロンドンで画家と小説家になることを夢見て、大恋愛の末結ばれたキャサリンとビル。結婚10年が経ち、キャサリンは画家として、ビルは売れっ子コピーライターとして成功していたが、いつの間にか心がすれ違い離婚を決意していた。離婚前夜、ふたりは出会った頃の結婚前夜の記憶を辿りはじめる…。

 このたび、完全映画化された本作では、世界最高峰のミュージカルスターが競演。キャサリン役を演じるのは、舞台『アナと雪の女王』のエルサ役や舞台版&映画版『レ・ミゼラブル』のエポニーヌ役でも知られるミュージカル界のビッグ・スター、サマンサ・バークス。ビル役は、ミュージカル『オペラ座の怪人』で史上最年少の28歳にして主役のファントム役に抜てきされ、『レ・ミゼラブル』のジャン・バルジャン役でブロードウェイ・デビューを果たし、数々の賞を受賞してきたラミン・カリムルー。映画初共演となる2大ミュージカル・スターが、情感豊かに熱唱し深い感動で包み込む。

 監督を務めるのは、ロンドンのミュージカル界でトップ10に入る振付家として知られ、ラミンとサマンサが日本で競演した『CHESS THE MUSICAL(チェス)』では演出と振付を担当したニック・ウィンストン。脚本・音楽はローレンス・マーク・ワイスが手掛ける。

 日本版ポスタービジュアルは、離婚寸前の夫婦を演じるサマンサ・バークスとラミン・カリムルーのアップを大きく配置したもの。2人の顔の横には、「あしたの朝になれば、すべてが変わる——」というキャッチコピーが添えられている。下にはロンドンの美しい街の風景や夫婦のさまざまなやりとりなどを切り取った写真も配置され、物語への期待が高まるさわかかなビジュアルとなっている。

 映画『トゥモロー・モーニング』は、12月16日より全国公開。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?