櫻坂46・小林由依、“女神の砂時計ボディ”披露の写真集は104点「背中の筋は見てほしい」

櫻坂46・小林由依、“女神の砂時計ボディ”披露の写真集は104点「背中の筋は見てほしい」

2nd写真集『意外性』発売記念プレス向け発表会に出席した櫻坂46・小林由依 クランクイン!

櫻坂46の小林由依が4日、都内で開催された2nd写真集『意外性』発売記念プレス向け発表会に出席。“女神の砂時計ボディ”と表現された美ボディが収められた本写真集の手応えを明かした。

 本書は、“クールビューティー”と称される“ゆいぽん”こと小林の“意外性”のある姿を堪能できる1冊。2019年に発売された「感情の構図」に続いて2冊目の写真集になるが、「いつか2冊目を出せたらいいなと思っていたので、うれしかったですね」と満面の笑み。タイトルの「意外性」は秋元康が付け、帯には「小林由依には、いつも、驚かされる。いい意味で、次々にイメージを裏切るからだ。まるで、猫のように、腕からすり抜けて行く。」とコメントが添えられているが、小林は「最近は『意外と〇〇だよね』と言っていただくことが多かったので、タイムリーでうれしくて。グループでの活動でクールさやかっこいいダンスを踊ってる印象が強く、『意外とかわいらしい部分もあるんだね』と言われると、うれしくなったりします」と照れ気味に明かした。

 屋久島の雄大な自然の中で解放されて無邪気に笑う姿や、横浜ロケの「きれいなお姉さんとのデート」を思わせるシーン、さらに繊細なランジェリーや水着姿で磨き上げられた丸みとくびれの“女神の砂時計ボディ”も収録されているが、今回の写真集の出来栄えを問われると、「自分に甘くしてもいいのかなと思って」と照れ笑いしながら、10月4日の発売日ということで、「天使の日にかけて104点です」と笑顔で宣言。また、「今の私らしさがたくさん詰まっていて。私のイメージが1個変わったらうれしいです」と期待を込めた。

 取材会では、“女神の砂時計ボディ”と表現されたくびれたウエストが魅力的なカットも初公開に。感想を問われると、「恥ずかしいですけど、私もこの写真はお気に入り。ジムで背中を重点的に鍛えていたのですが、このカットを見て背中に筋が入っていたのに気付いて、うれしくてビックリしました。筋肉痛になりながらもやってよかったなと思います」とほほ笑み、「背中の筋は見てほしい」とアピールした。

 囲み取材では、自分の人生で意外だった出来事を聞かれると、「昨年お仕事をお休みさせていただいたのですが、その決断ができたこともそうだし、そこから復帰して活動する中で、メンバーで甘えられるようになったのは自分の中では意外だなと感じています」と答え、「私の言動や行動がちょっと幼くなってきているのか、2期生からも『かわいいですね』といじられてるような気がします」と苦笑い。ファンからも「子どもみたいだな」という声があるそうで、「SHOWROOM配信では、『5歳児みたい』というコメントがあって。今まではなかったかなと思うので、それも意外な発見でした」と打ち明けた。

 「将来やってみたい“意外な挑戦”は?」という問いには、「もともとインドアなんですけど、近い将来、バンジージャンプやパラグライダーなど、アウトドアな視野が広がることもしてみたい」と告白。また10月23日で23歳の誕生日迎えるが、23歳では「今年、運転免許を取得したので、自分で運転して家族と旅行に行きたい」という野望も。さらに、次作への期待を伝えられると、「今回はコロナ禍のため日本で撮影しましたが、海外のきれいな景色をバックにして撮影することに憧れがあります。ヨーロッパは映えるスポットがありそうなので、行ってみたいです」と期待していた。

 小林由依2nd写真集『意外性』は講談社with事業部より発売中。価格は2200円(税込)。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?