明日海りお&戸田恵子、日本初演ミュージカル『エリザベス・アーデン vs.ヘレナ・ルビンスタイン』でW主演

明日海りお&戸田恵子、日本初演ミュージカル『エリザベス・アーデン vs.ヘレナ・ルビンスタイン』でW主演

ミュージカル 『エリザベス・アーデン vs.ヘレナ・ルビンスタイン ‐WAR PAINT‐』でW主演を務める(左から)明日海りお、戸田恵子

女優の明日海りおと戸田恵子がダブル主演するミュージカル『エリザベス・アーデン vs.ヘレナ・ルビンスタイン ‐WAR PAINT‐』が、2023年5月に東京・日生劇場にて上演されることが決まった。

 本作は、エリザベス・アーデンとヘレナ・ルビンスタインという20世紀前半の化粧業界に革命を起こした二人の創業者の長年にわたるライバル関係と秘められた苦悩を描く。2017年にブロードウェイで幕を開け、華やかで美しい世界観が圧倒的な支持を集めたミュージカル『WAR PAINT』の日本初演版として上演される。

 共に貧しい家に生まれるも、アーデンは視覚に訴える華やかさを追求、ルビンスタインは科学的見地からのアプローチと、おのおの独自の発想と行動力で、自らの化粧品ブランドを世界的地位へと押し上げた。本作では、互いのパートナーが入れ替わったり、第二次世界大戦が起きたりといったさまざまな困難を乗り越えた先で、二人が初めて対面を果たすまでが美しい楽曲に載せたミュージカルとして描かれる。

 脚本、音楽などのオリジナル・スタッフはブロードウェイのトップ・クリエイターチームが集結し、演出は『RENT』オリジナル版や、2017年のトニー賞を席巻した『DEAR EVAN HANSEN』で知られるマイケル・グライフが務め、圧倒的な美しさを現出した舞台として好評を博した。何より話題となったのは、共に二度のトニー賞ミュージカル主演女優賞受賞歴を持つ女優クリスティン・エバーソールとパティ・ルポーンの競演。二人は本作でも同賞にノミネートされたが、一つの作品から二人も主演女優賞にノミネートされるのは、極めてまれなことだ。

 そして日本初演では、エリザベス・アーデン役を元宝塚歌劇団花組トップスターの明日海りお、ヘレナ・ルビンスタイン役を戸田恵子が務める。演出はG2。

 明日海は「化粧品業界で一線を走り続けた女性、ミス・エリザベス・アーデン役で出演させていただきます。彼女が美を追求したのは、一体なんの為なのか…世の女性たちのため、ライバルに打ち勝つため、それとも純粋にそれを愛していたからなのか。長い間競い合った、ヘレナとエリザベスの出す最後の答えが最高にカッコよくて素敵に感じていただけるよう、精一杯務めさせていただきます」とコメント。

 戸田は「オファーを頂いて本当にびっくりしました!『WAR PAINT』はブロードウェイで観ておりましたし、何よりヘレナを演じたパティ・ルポンさんは、長年の憧れの大大大好きな女優さんでもあります!かれこれ40年近く毎年N.Yに行ってますが、彼女が出ている作品は全て観ております。そんなお役が私に頂けるなんて全く信じられない!ただただ身が引き締まるばかりです」としている。

 ミュージカル『エリザベス・アーデン vs.ヘレナ・ルビンスタイン ‐WAR PAINT‐』は、2023年5月、東京・日生劇場にて上演。その後、地方公演あり。

※コメント全文は以下の通り

<コメント 全文>

◆明日海りお(エリザベス・アーデン役)
化粧品業界で一線を走り続けた女性、ミス・エリザベス・アーデン役で出演させていただきます。彼女が美を追求したのは、一体なんの為なのか…世の女性たちのため、ライバルに打ち勝つため、それとも純粋にそれを愛していたからなのか。長い間競い合った、ヘレナとエリザベスの出す最後の答えが最高にカッコよくて素敵に感じていただけるよう、精一杯務めさせていただきます。

ヘレナ役の戸田さんは、ドラマや声優さんとしてのご活躍をたくさん観て来ましたので、なかなか実感が湧かないのですが、色々学ばせていただくのを大変楽しみにしております!

他にも、はじめてご一緒させていただく、演出、製作陣のみなさま、共演者の方々と「エリザベス・アーデン vs. ヘレナ・ルビンスタイン」を創りはじめる日が待ち遠しいです!

◆戸田恵子(ヘレナ・ルビンスタイン)
オファーを頂いて本当にびっくりしました!『WAR PAINT』はブロードウェイで観ておりましたし、何よりヘレナを演じたパティ・ルポンさんは、長年の憧れの大大大好きな女優さんでもあります!かれこれ40年近く毎年 N.Y に行ってますが、彼女が出ている作品は全て観ております。そんなお役が私に頂けるなんて全く信じられない!ただただ身が引き締まるばかりです。

明日海りおさんとは初共演になります。でも私は朝ドラをよく観ているので「おちょやん」に登場された時、とても印象的で「ん?この美しい人は誰だろう?」って即、調べたりしました。その方とご一緒できるなんて、これもまた不思議なご縁を感じています。今は彼女のYouTube をたくさん観ています。素晴らしいですね。どうぞ、高齢の私を労って頂けるよう願うばかりです。ご一緒できるのを楽しみにしております。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?