松坂慶子&草刈正雄らが個性豊かなキャラを体現 『一橋桐子の犯罪日記』“全身ポスター”到着

松坂慶子&草刈正雄らが個性豊かなキャラを体現 『一橋桐子の犯罪日記』“全身ポスター”到着

ドラマ『一橋桐子の犯罪日記』個性豊かなキャラクターたちの“全身ポスター”(C)NHK

10月8日スタートの女優の松坂慶子が主演するドラマ『一橋桐子の犯罪日記』(NHK総合/毎週土曜22時)より、レギュラーキャストから4名の全身姿を収めたキャラクターポスターが解禁された。

 本作は、原田ひ香の人気小説を原作に、『阿佐ヶ谷姉妹ののほほんふたり暮らし』の脚本家・ふじきみつ彦が切なくもユーモアたっぷりに描く“終活青春グラフィティ”。

 主人公・一橋桐子は悲しみの淵に沈んでいた。3年間同居していた唯一無二の親友・宮崎知子が病気で亡くなったのだ。年金&パート生活も楽ではなく、このまま孤独死してしまうのではという思いが、桐子の心を絞り上げていく。そんな時にテレビで見た、ある逮捕者の「世の中に未練はなかった。刑務所に入りたくてやった」という供述に心奪われた桐子は、「余生を刑務所で過ごせないか」と思いつく。かくして桐子の“ムショ活”が始まった。犯罪計画を進めるにつれ、新たな経験や出会いをしていく桐子。果たして、無事に刑務所へとたどり着くことはできるのか―。

 一橋桐子を松坂が演じるほか、桐子が頼りにするパート先の上司役に岩田剛典、その他、長澤樹、片桐はいり、宇崎竜童、木村多江、由紀さおり、草刈正雄が共演する。

 この度公開されたのは、メインキャスト8名のうち4名が個性豊かなキャラクターを体現した“全身ポスター”。

 主人公・一橋桐子演じる松坂は、ピンクの囚人服に身を包みポーズ。背後には「何かいい犯罪知らないかしら」と“ムショ活”にはげむ桐子らしいセリフが。桐子の憧れの人・元プロテニスプレイヤーの三笠隆にふんする草刈は、ラケットを手に「でも桐子さん恋なら…」と意味深な言葉。

 桐子と“世代を超えた友達”になる女子高生・榎本雪菜を演じる長澤は、サーフボードを片手に「桐ちゃんと乗ってみる! ビッグウェーブ」と力強く宣言。そして桐子の前に立ちふさがる“訳あり女性”にふんする木村は「あ、はじめまして 斉藤薫子と申します」と一見親切そうながら、少々圧を感じさせる笑みを浮かべている。

 残り4名のメインキャストのポスターは、明日公開予定。

 土曜ドラマ『一橋桐子の犯罪日記』は、NHK総合にて10月8日より毎週土曜22時放送(全5話)。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?