料亭再建に挑む15歳差夫婦を描く人気漫画『ながたんと青と‐いちかの料理帖‐』、2023年春連ドラ化

料亭再建に挑む15歳差夫婦を描く人気漫画『ながたんと青と‐いちかの料理帖‐』、2023年春連ドラ化

連ドラ化される『ながたんと青と‐いちかの料理帖‐』(C)磯谷友紀/講談社

磯谷友紀の漫画『ながたんと青と‐いちかの料理帖‐』が、WOWOWにて連続ドラマ化され、2023年春から放送・配信されることが決まった。

 物語の舞台は、戦後間もない京都。戦争で亡くなった夫から「ながたん(包丁)」を託された34歳の桑乃木いち日(くわのき・いちか)は、ホテルの料理人として生きていくことを決めていたが、ひょんなことから経営不振の実家の料亭「桑乃木」を建て直すため、15歳年下、19歳の御曹司・山口周(やまぐち・あまね)と政略結婚することに。しかし周は初対面のいち日に対しても遠慮せず「青と(唐辛子)」のように辛らつな言葉を放つ若者で…。

 女性料理人が珍しかった時代、“女が料亭の厨房(ちゅうぼう)に立つなんてもってのほか”と、料理長就任に消極的だったいち日と、いち日の料理の腕をいち早く認め、後押しする周。本作はそんな年の差夫婦が、共に未来を切り開いていく姿を描いた物語だ。そして年の差を超えて仕事のバディとして絆を育む2人の、引かれ合いながらもすれ違う、もどかしい恋愛模様が描かれる。

 また、2人の恋愛模様とともに大きな見どころとなるのが、いち日が料亭の娘としてこだわる“だし”と、ホテルの料理人として培った“洋食の技術”を融合した創作メニューで、人々の心を変えていく“おいしい”ドラマ展開。料理監修にはNHK『きょうの料理』などで知られる料理研究家・大原千鶴が参加。現在最高峰の超高精細カメラと映画用機材で撮影された「見ているだけでお腹が減ってしまう」料理の数々が登場する。

 撮影は東映京都撮影所に本格的なセットを組みながら、原作の舞台である京都を中心に敢行。全話の監督を務めるのは、2021年の映画『サマーフィルムにのって』で長編映画デビューした松本壮史。そして脚本はドラマ『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』『大江戸もののけ物語』の川崎いづみをメインライターに、第2回WOWOW新人シナリオ大賞で優秀賞を受賞した弓削勇が執筆する。

 主人公のいち日、15歳年下の御曹司・周役を演じるキャスト陣は近日発表される。

 原作者の磯谷は「『ながたんと青と』の主軸は歳の差恋愛マンガですが、広く人間の物語を描けたら良いなと思いながら作っています。それをドラマでさらに素敵に料理していただいているので、一視聴者として観るのがとても楽しみです!」とコメント。

 松本監督は「『ながたんと青と』は、理不尽な時代の中で未来を切り拓いていく2人の物語です。ストーリーの面白さは勿論のこと、今描くべき物語だと強く感じました」としている。

 ドラマ『ながたんと青と‐いちかの料理帖‐』は、WOWOWにて2023年春放送・配信スタート(全10話)。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?