乃木坂46・和田まあやが卒業ライブ 幼い頃の病気も告白 “青春”の11年間を振り返る

乃木坂46・和田まあやが卒業ライブ 幼い頃の病気も告白 “青春”の11年間を振り返る

「乃木坂46 30thSGアンダーライブ」(10月5日公演)(C)乃木坂46LLC

乃木坂46が3〜5日、大阪・オリックス劇場で「乃木坂46 30thSGアンダーライブ」を開催した。5日の最終公演では7月に卒業発表した1期生・和田まあやがラストステージを迎え、11年間に及んだ活動への感謝を伝えた。

 「乃木坂46 30thSGアンダーライブ」は、9月27〜29日に東京・TACHIKAWA STAGE GARDEN、3〜5日に大阪・オリックス劇場で開催。5日の最終公演には、30thシングル「好きというのはロックだぜ!」でアンダーメンバーとなった伊藤理々杏、北川悠理、黒見明香、阪口珠美、佐藤璃果、林瑠奈、松尾美佑、向井葉月、矢久保美緒、吉田綾乃クリスティー、和田の計11名が参加し、中村麗乃は新型コロナウイルス感染により欠席した。

 「OVERTURE」で開演した本編は、和田が自身最後のアンダーセンターを務めた30thシングル収録曲「Under's Love」でスタート。「あの日 僕は咄嗟に嘘をついた」「ポピパッパパー」や、「ワタボコリ」「無表情」、「世界で一番 孤独なLover」「制服のマネキン」「日常」など、歴代の楽曲を多彩なメンバーの組み合わせで披露した。

 本編最後のMCでは、自身のメンバーカラーであるオレンジと黄色のサイリウムの光に包まれた客席を前に、1人でスポットライトを浴びる和田が、幼少期から現在までの歩みを振り返った。

 客席に向かい「今を生きてるってすごい素晴らしいことだなと思っていて」と語り掛けた和田は「あまりみんなには話したことはないんですけれども。私は生まれてすぐ大きな病気になりまして、もう病院の先生には助からないと言われていたんです」と告白。そのつらさゆえに母親から「ベランダから一緒に飛び降りようかなと思ったこともあるくらい」と言われたことも打ち明け、「でも、お母さんは強いですね。家族のサポートを受けながら必死に私の病気と戦ってくれました」と振り返った。

 毎年、母親から「健康に生きてくれているだけですごくうれしいよ」と言われると明かし、「20歳くらいまでは病院には通っていたんですけれども『もう何も心配はない』と言われ、とても健康に今生きているんですけれども。明日が来るって当たり前じゃないなと。私は誰よりも、たぶん強く心の中で思っていて。こうしてみんなと出会えてよかったなと、卒業が近づくたびにすごく思います」と、現在の心境を吐露した。

 広島県出身のため、オーディションを受けた当時は「おばあちゃんからは『東京に出すなんて』とお母さんやお父さんは言われたと思います。ですが、両親は私たちのわがままで『私が後悔をしている姿を見たくない』と東京に出してくれました」と回想。11年間のグループ生活は「たくさんつらいこともありましたけど、振り返ってみたらすごくすてきな青春だった」と振り返り、「13歳から24歳になって、この11年間、たくさん乃木坂に捧げてきました。全然間違ってなかったし、みんなを信じて、自分を信じてやってきてよかった」と笑顔を浮かべた。

 スピーチの終盤では「みんなもつらいこととか、投げ出したいことあると思うんですけども、私は逃げ出さず頑張ってきてよかったなと思えるので」と問い掛け、客席に向けて「みんなもきっと明日はお仕事だなとか、つらいこといっぱいあると思うんですけど、『今日楽しかったな』って、『ああ、生きてる。幸せ』って声に出して言ってみたら、きっと、その日はとてもいい日になると思うので。明日からはみんなハッピーに、それぞれ歩んでくれているといいなと思っています」とメッセージを伝えた。

■アンダーメンバーがサプライズ「みんな、まあちゃんが大好き」


 本編のパフォーマンスは、この日2度目の「Under's Love」で終了。観客の手拍子を受けてアンコールのステージへ戻ってきたメンバーは、自身のメンバーカラーであるオレンジと黄色をあしらったドレス姿の和田を中心に「気づいたら片想い」「狼に口笛を」を披露。続く「左胸の勇気」の間奏では、和田へメンバーが1人ずつ、黄色のチューリップを手渡すサプライズが行われた。

 1輪のチューリップを手にしながら、和田に対して「みんな、まあちゃん(和田)が大好きです」と伝えたのは後輩の3期生・吉田。「まあちゃんのためなら、何でも頑張ろうって。ここにいるみんなは、そうやって思っている子が多いと思います。まあちゃんは今日でライブが終わりになっちゃうけど、また、乃木坂のライブを見に来たときに、今ここにいるメンバーが頑張っているなって。まだまだ大丈夫だなって思ってもらえるように、みんなでまだまだ一生懸命がんばります」と決意した。

 パフォーマンス後、最後のMCで和田への思いを伝えた3期生・向井は「私たちにとって、まあちゃんは本当にすごく大きな存在で、たくさんたくさん助けてもらいました」と振り返り、涙ながらに「私たち11人は、まあちゃんを送り出すことができる選ばれたメンバーだと思うと、すごい誇りに思います」と述べると客席からは拍手が起こった。

 語り続ける向井は「たくさんつらいことも悲しいことも、まあちゃんはあったかもしれない。葉月たちよりもたくさんあったかもしれないけど、そういうのを全然葉月たちに出さない強さとか優しさは『乃木坂が作ったんだな』って思うと、これからも私たちがつないでいかないといけないって思います」と決意。「こんなすてきな舞台に連れてきてくれてありがとう。すてきな景色を見せてくれて本当にありがとう。これからもまあちゃんが守ってきたこの場所も、葉月たちが守り続けるから、これからも乃木坂を好きでいてください。まあちゃん本当にありがとう」と感謝を伝えた。
 
 公演の最後を飾った曲は、メンバーと観客が手にしたサイリウムが放つグループカラー“紫色”の光に包まれる中で披露した「乃木坂の詩」。パフォーマンス後、観客が掲げたメッセージボードを見た和田は涙を溢れさせ、「幸せすぎて、もうどうしよう。ありがとう…。うれしすぎて何て言ったらいいか分からないです」と吐露し、メンバーと共に「ありがとうございました!」と感謝を伝え、精いっぱい手を振りながらステージをあとにした。

 なお、会場ではダブルアンコールが行われ、「他人のそら似」を披露したが、配信ライブでは配信されなかっため、10月8日19時からのリピート配信で配信される。

■「乃木坂46 30thSGアンダーライブ」最終公演セットリスト


 「乃木坂46 30thSGアンダーライブ」最終公演のセットリストは、以下の通り。

OVERTURE
M1:Under's Love
M2:不等号
M3:自由の彼方
M4:あの日 僕は咄嗟に嘘をついた
M5:ポピパッパパー
M6:Against
M7:〜Do my best〜じゃ意味はない
M8:ワタボコリ
M9:音が出ないギター
M10:無表情(RAP Ver.)
M11:口約束
M12:低体温のキス
M13:欲望のリインカーネーション
M14:私のために 誰かのために
M15:生まれたままで
M16:口ほどにもないKISS
M17:錆びたコンパス
M18:Wilderness world
M19:ありがちな恋愛
M20:世界で一番 孤独なLover
M21:制服のマネキン
M22:日常
M23:Under's Love

EN1:気づいたら片想い
EN2:狼に口笛を
EN3:左胸の勇気
EN4:乃木坂の詩

WEN:他人のそら似

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?