明日放送“リクエスト”金ロー、『アダムス・ファミリー2』放送 こがけん「初見でも十分楽しめる作品」

明日放送“リクエスト”金ロー、『アダムス・ファミリー2』放送 こがけん「初見でも十分楽しめる作品」

映画『アダムス・ファミリー2』ビジュアルTM, (R) & (C) 2022 by Paramount Pictures. All Rights Reserved.

映画『アダムス・ファミリー2』が、あす10月7日21時から『金曜ロードショー』(日本テレビ系)にて放送される。映画大好き芸人こがけんが、本作の見どころを紹介する。

 こがけんは「シニカルなブラックユーモアが炸裂!あの奇妙キテレツなお化けファミリーが帰ってきました! とてもシンプルなお話なので、『1』を見ていなくても十分楽しめます! 1作目の公開から2年後の1993年に公開された本作品は、よりコメディ要素やエンタメ要素も増し、ファン納得、初見の人でも十分楽しめる作品です!」と紹介。

 物語について「魔女の末裔である母モーティシアと人並みはずれた身体能力を持つ父ゴメズの間に、末っ子のピューバートが生まれるところから物語が始まります。たとえアダムス一家といえど、赤ちゃんのいる家の中はてんやわんや。おまけに姉弟のウェンズデーとパグズリーは、古い迷信を信じるあまり、あの手この手でピューバートを排除しようとします。そこで夫婦はベビーシッターに妖艶な美女デビーを雇うのですが、それが一家にとって、さらなるトラブルの種になるという話です」と解説。

 本作の魅力について「何といっても、アダムス一家の絆の強さですね! 彼らはとても強い絆で結ばれている仲の良い家族なんです。ただ、今回その絆が揺るがされる出来事が起こります。一家は果たしてこのピンチを乗り越えられるのか…必見です」と説明する。

 特に注目のシーンについては「アダムス・ファミリーならではの、行きすぎた兄弟(姉弟)喧嘩ですね。今回新たにアダムス家に加わった赤ちゃんのピューバート。もう可愛いくて可愛くて! ポマードを使ってペッタリ整えたヘアースタイルに立派な眉毛と口髭、これが父親のゴメズにそっくりなんですよ。笑っちゃいますね。ただ、親の関心を独り占めする末っ子ピューバートの登場に、姉弟であるウェンズデーとパグズリーの心中は穏やかではありません。これは妹や弟ができた世の子供達みんなが経験する“あるある”ですよね。そこで彼らがピューバートに対して取る行動が、完全にイタズラの域を超えてるんです…!」と話す。

 一方で、「忘れてはいけないのが、ピューバートもアダムス家の子供だということ。彼も只者じゃないんですよ! この、ブラックジョークの効いたヒヤヒヤするやりとりも、アダムス一家ならではの醍醐味と言っていいかもしれません」とこがけん。

 もう一つの見どころとして、「ウェンズデーたちが参加することになるサマーキャンプのシーン」を挙げる。「今回アダムス一家に雇われたベビーシッターのデビー、彼女は強烈なキャラクターでもって一家の当主・フェスターに近づこうとするんですが、その過程で感の鋭いウェンズデーとパグズリーが邪魔になり、二人はサマーキャンプに放り込まれるのです。そもそも無口で無表情、他人と協調するなんてありえない二人なのに、このキャンプではリーダーの言うことが絶対。素直さや協調性を強要され、できなければ罰を受けるというシビアな環境なんです。しばらく我慢してやり過ごしていた二人ですが、それで終わるはずがないですよね。このサマーキャンプに蔓延する“皆が明るくハツラツとしてなければいけない”という、見方を変えれば個性を排除するようなやり方を、猛烈に皮肉る描写はかなり痛快です」としている。

 映画『アダムス・ファミリー2』は、『金曜ロードショー』(日本テレビ系)にて10月7日21時放送。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?