知られざるメキシコの誘拐ビジネスの闇に迫る母親の執念 『母の聖戦』公開決定

知られざるメキシコの誘拐ビジネスの闇に迫る母親の執念 『母の聖戦』公開決定

映画『母の聖戦』ポスタービジュアル

名匠ダルデンヌ兄弟らが製作を手掛けた、娘を誘拐され命がけの闘争に身を投じたシングルマザーの実話を基にした映画『母の聖戦』が、2023年1月20日より公開されることが決定。娘を取り戻そうとする母親の強い意志がみなぎるポスタービジュアルが解禁された。

 本作は、誘拐された我が子の奪還を誓った母親の愛と執念を描き、知られざるメキシコの誘拐ビジネスの闇に迫る社会派クライム・スリラー。現代のヨーロッパを代表する名匠のダルデンヌ兄弟、『4ヶ月、3週と2日』でカンヌ映画祭パルムドールに輝いたクリスティアン・ムンジウ、『或る終焉』などで知られるメキシコの俊英ミシェル・フランコがプロデューサーとして参加し、テオドラ・アナ・ミハイ監督の劇映画デビュー作となった。

 不安と喪失感に打ちひしがれた母親が、あらゆる苦難もいとわない不屈の捜索者、さらには怒りの復讐者へと変貌していく様子に観客は圧倒され、第74回カンヌ国際映画祭でワールドプレミア上映された際は大きな反響を呼んだ。第34回東京国際映画祭では『市民』というタイトルで上映され、審査委員特別賞を受賞した。

 メキシコ北部の町で暮らすシングルマザー、シエロ。ある日突然、彼女のひとり娘である十代の少女ラウラが犯罪組織に誘拐された。冷酷な脅迫者の要求に従い、20万ペソの身代金を支払っても、ラウラは帰ってこない。警察に相談しても相手にしてもらえないシエロは、自力で娘を取り戻すことを胸に誓い、犯罪組織の調査に乗り出す。

 そして、軍のパトロール部隊を率いるラマルケ中尉と協力関係を結び、組織に関する情報を提供したシエロは、誘拐ビジネスの血生臭い実態を目の当たりにしていく。人生観が一変するほどのおぞましい経験に打ち震えながらも、行方知れずの最愛の娘を捜し続けるシエロは、果たしてどんな真実にたどりつくのか…。

 年間約6万件(推定)の誘拐事件が発生するメキシコで、決して裕福ではない庶民が犯罪組織に搾取され、警察にも取り合ってもらえない非情な現実をリアルに描き出す本作。全編にわたって主人公シエロの視点でストーリーが展開し、観る者を誘拐ビジネスの闇の奥深くへと誘い、この世のものとは思えない理不尽な暴力が渦巻く光景を目撃させていく。

 ポスタービジュアルは、「娘は私が取り戻すー」というキャッチコピーとともに、強い意志をみなぎらせる母親シエロの姿が切り取られたもの。その真っ直ぐに前を見据える瞳に映し出されているものにも要注目だ。

 映画『母の聖戦』は、2023年1月20日より全国公開。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?