ディーン・フジオカ、吉高由里子×北村匠海『星降る夜に』出演決定 45歳の新人ポンコツ医師役で新境地

ディーン・フジオカ、吉高由里子×北村匠海『星降る夜に』出演決定 45歳の新人ポンコツ医師役で新境地

ドラマ『星降る夜に』に出演するディーン・フジオカ(C)テレビ朝日

女優の吉高由里子が主演を務め、俳優の北村匠海が共演する2023年1月スタートのドラマ『星降る夜に』(テレビ朝日系)の追加キャストとして、ディーン・フジオカの出演が発表された。自身のスマートなイメージを180度覆す、ポンコツで天然な45歳の新人医師役に挑む。

 脚本家・大石静の完全オリジナル作品となる本作は、のどかな海街を舞台に、感情を忘れて孤独に生きる35歳の産婦人科医・雪宮鈴(吉高)と、音のない世界で自由に生きる10歳下の遺品整理士・柊一星(北村)という、命の《はじまり》と《終わり》をつかさどる対照的な2人が、星降る夜の出会いを機に、世の中のさまざまな固定概念を鮮やかに飛び越えながら運命の恋を育んでいくヒューマン・ラブストーリー。

 ディーンが演じるのは、45歳で医師になった異色の新人産婦人科医・佐々木深夜。鈴が勤める「マロニエ産婦人科医院」で新米医師として働いているが、口を開けばあわあわオタオタ…。廊下を走って人にぶつかり尿コップをひっくり返すわ、新生児に赤ちゃん言葉で話しかけて周りからキモがられるわ、ちょっと面白いことを言おうとすれば完全にスベって周りにイラつかれるわ、白衣は裏返しだわ、寝ぐせはついてるわ…と、絶妙な間の悪さと衝撃的ポンコツ味を帯び、病院中のスタッフから「顔だけはいいんだけどね」とディスられる、ちょっと残念な男だ。

 一方で、そんなギャップも相まって、人をほっこりさせたり、気を緩ませたりする天才でもある深夜。また、患者に強く感情移入して一喜一憂したり、感情を押し込めて生きる鈴の本音もすぐさま察知したりと、その心根はピュアな優しさに満ちあふれていて…。

 一方で深夜は、恋愛模様において新たな刺客に。ひたむきに育まれていく鈴と一星の10歳差ラブは、まさかの10歳差「トライアングル」ラブへと発展していくことに…?

 音のない世界を生き、自由奔放でヤキモチやき、鈴を新たな世界へグイグイ引っ張ってくれる―そんな時々妙に強引で子どもっぽいけれど、どうにも目を逸らすことのできない輝きを放つ10歳下の一星。かたや、つらいときには何も言わず、ただただ黙って隣に寄り添ってくれる、どこまでも優しい10歳上の大人の男性・深夜。正反対の魅力を放つ2人の男性にはさまれ、鈴の心はどんな揺らぎを見せていくのか…。揺れ惑う大人の三角関係の行方はもちろん、物語を通して描かれる2人の男たちの秘められた過去や、「手話」を通した不思議な交流も見どころだ。

 さらに、深夜の“45歳の新人医師“という変わった設定の裏には、鈴にもまつわる悲しい秘密が…。はたして、深夜はなぜ医師になる道を選び、ほかでもない「マロニエ産婦人科医院」へやって来たのか。ただのドジでポンコツな新人医師ではない?

 脚本の大石静は「ディーン・フジオカさんの美しい風貌は、見る者に夢を与えます。これまで私もうっとりと見てきましたが、今回はちょっと違います。45歳で医師になった、という変わった経歴を持ち、ナースたちにもバカにされているドジでポンコツな新人医師なのです。そういう役どころのディーンさんは珍しいと思うので、今までとは違う表情が見られるのではないかと楽しみにしています。ヒロインの鈴と、音のない世界を生きる一星との関係も、これまでの恋愛ドラマには類を見ない常識を超えた人間関係を描いておりますので、ご期待下さい」とコメントしている。

 ドラマ『星降る夜に』は、テレビ朝日系にて2023年1月より毎週火曜21時放送。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?