役所広司&吉沢亮、“父子”2ショットも 映画『ファミリア』場面写真解禁

役所広司&吉沢亮、“父子”2ショットも 映画『ファミリア』場面写真解禁

映画『ファミリア』場面写真(C)2022「ファミリア」製作委員会

俳優の役所広司が主演し、吉沢亮が共演する映画『ファミリア』より、役所と吉沢演じる親子が幸せなひとときを過ごす場面などを収めた場面写真が解禁された。

 本作は、山里に暮らす陶器職人の父・誠治と海外で活躍する息子・学、そして隣町の団地に住む在日ブラジル人青年・マルコスの3人を中心に、国籍や育った環境や話す言葉などの違い、血のつながりを超えて強い絆で“家族”を作ろうとする姿を描いたオリジナル作品。監督を務めるのは『八日目の蝉』『ソロモンの偽証』『いのちの停車場』などの成島出。

 主人公の誠治を演じるのは役所広司。約10年ぶりの成島組への参加となる本作では、息子の幸せを願う不器用な陶器職人を演じる。そして一流企業のプラントエンジニアとして赴任したアルジェリアで大切な女性と出会い、新しく家族をつくろうとする誠治の息子・学には吉沢亮。
 
 本作のキーとなる在日ブラジル人青年マルコスと彼の恋人エリカを演じるのは、共にオーディションで選ばれた在日ブラジル人のサガエルカスとワケドファジレ。さらに、マルコスら在日ブラジル人を執拗に追いかける半グレのリーダー・榎本海斗をMIYAVI、誠治が唯一心を許すことのできる友人の刑事・駒田隆を佐藤浩市、地元のヤクザ・青木を松重豊が演じるほか、中原丈雄、室井滋も出演している。

 山里に一人暮らす陶器職人の神谷誠治(役所)のもとに、アルジェリアに仕事で赴任している学(吉沢)が婚約者ナディアを連れて一時帰国。結婚を機に会社を辞め、焼き物を継ぐと宣言した学に誠治は反対する。一方、隣町の団地に住む在日ブラジル人青年のマルコスは、半グレに追われたときに助けてくれた誠治に亡き父の面影を重ね、焼き物の仕事に興味を持つ。そんな中、アルジェリアに戻った学とナディアをある悲劇が襲い…。

 このたび解禁されたのは、誠治と学が一緒に工房で粘土をこねて幸せなひとときを過ごすシーンなどを収めた場面写真6点。この粘土をこねるシーンは、久しぶりに過ごす父子ふたりきりの時間に、誠治が少し照れた表情を見せるのが印象的だ。さらに誠治が、近いうちの再会を約束して学とナディアを見送るシーンや、これから家族になろうとする2人の幸せそうな姿に目を細める姿が切り取られている。

 そのほか、異国の地で支え合うマルコスと恋人・エリカの2ショットや、誠治が親友・駒田とほっとした時間を過ごす様子も。さらに誠治が傷ついたブラジル人青年・マルコスを引き寄せ、強い眼差しで彼の眼を見つめる様子を捉えたカットも収めている。この場面は、国籍や話す言葉など様々な違いを超え、苦境に立たされるマルコスに手を差し伸べようとする誠治の強い想いや人間性が表れる瞬間であり、本作のテーマを強く印象付ける1枚となっている。

 映画『ファミリア』は、2023年1月6日より全国公開。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?