アン・ハサウェイ、祝40歳! 輝き続ける美の最新ルック6選

アン・ハサウェイ、祝40歳! 輝き続ける美の最新ルック6選

アン・ハサウェイ、祝40歳! 美の最新ルックをおさらい(C)AFLO(C)Zeta Image

映画『レ・ミゼラブル』(2012)でアカデミー賞を受賞したアン・ハサウェイが、本日11月12日、40歳の誕生日を迎えた。『プリティ・プリンセス』(2001)である日突然プリンセスだと知る普通の女子高生を演じてブレイクし、『プラダを着た悪魔』(2006)では、鬼編集長にこき使われる新人を演じた彼女だが、あれから年を重ね、その美しさは輝きを増すばかり。そんなアンの進化する美の最新ルックをチェックしよう。

■大胆カットのドレスでお腹とブラをチラ見せ

 今年3月、AppleTV+のドラマシリーズ『WeCrashed ~スタートアップ狂騒曲~』のプレミアイベントに出席したアン。このイベントにアンが選んだのは、グルジア出身のデザイナー、デイビッド・コマの大胆なカットアウトが目を引くパウダーブルーのドレス。左肩から右の脇までアシメトリーにカットされ、黒いブラレットとアンの華奢なお腹をチラ見せ。ブラに合わせ、アクアズーラのパンプスとクラッチは黒でまとめ、統一感を演出した。

■初カンヌでは全く違うコーデの2変化披露

 5月には、主演を務めたジェームズ ・グレイ監督作『Armageddon Time(原題)』お披露目のため、初めてカンヌ国際映画祭に参加したアン。華やかなカンヌにあわせて彼女がチョイスしたのは、細かいスパンコールがエレガントなアルマーニ・プリヴェの純白のドレス。ファッションに精通しているアンは、これまでそうそうたる女優たちが初めてのカンヌに白のドレスを選んでいることに注目。アンもこれにあやかり、カンヌデビューを純白のドレスで飾った。胸元に輝くジュエリーは、カンヌに登場する女優たちにおなじみブルガリから、ハイジュエリーコレクション「エデン ザ ガーデン オブ ワンダーズ」をチョイスしている。

 また同作のフォトコールでは、プレミアから一転してレトロなグッチのミニドレスでカメラの前に。ドレスは、パテントレザーのコーンブラと、大きく開いた背中、そしてビジューの散りばめられたミニスカートがエッジィなデザイン。これに、グッチのシルバーのプラットフォームヒールとキャットアイのサングラス、そしてブルガリのジュエリーをプラス。ヘアをボリュームあるハーフアップにまとめ、60年代風の雰囲気を纏った。

■フューシャピンクの超ミニドレスでリアルバービーに!

 7月、ローマのスペイン広場で発表された「ヴァレンティノ2022‐23年秋冬オートクチュールコレクション」に出席したアン。このショーでは、パッと目を引くフューシャピンクのドレス姿の女性セレブが大勢キャッチされたが、アンも御多分に漏れず、ヴァレンティノ ピンクPP コレクションより総スパンコールがきらびやかなミニドレスで会場に。スタッズ付きのミニバッグとチャンキーなプラットフォームサンダルを合わせて、美脚を惜しげもなく披露し、さながらバービー人形のようだと話題になった。


■『プラダを着た悪魔』アンディを“再現”

 9月に開催されたニューヨーク・ファッションウィークでは、最終日に行われたマイケル コースのショーに、黒いタートルネックのニットワンピにブラウンの襟付きアウターをコーデして登場。ヘアをバングスのあるポニーテールにスタイリングし、映画『プラダを着た悪魔』で演じた主人公アンディを彷彿とさせるルックに仕上げた。フロントロウでは、映画のモデルといわれるUS版VOGUEの編集長アナ・ウィンターと並んで座り、映画のファンを歓喜させたことは言うまでもない。…ちなみにファンから期待がかかる続編に関しては、アンがキッパリ否定している。残念!

■60年代風ビッグヘア

 10月に、ニューヨーク・フィルム・フェスティバルで開催された主演映画『Armageddon Time(原題)』のプレミアには、ビーズとパールの刺繍が散りばめられたヴァレンチノのドレスと同じ素材のポインテッドブーツで、ブルーのカーペットが敷き詰められた会場に登場。このドレスに合わせ、ヘアはトップにボリュームを持たせたレトロなビーハイブヘアにアレンジ。個性派ドレスを往年の女優のような雰囲気でマダムライクに着こなした。

 アンは今年に入って、ゼンデイヤとのコラボで知られるセレブスタイリストのロー・ローチから、別のセレブ御用達スタイリスト、エリン・ウォルシュに変更したばかり。以来、これまでに増してその着こなしに注目が集まっている。女優としてのキャリアも、つい先日、伊坂幸太郎の小説『シーソーモンスター』のハリウッド映画化作品に主演することが発表されたばかりで、順風満帆。ますますレッドカーペットなどで彼女のドレス姿を見る機会が増えそうだ。40代に突入し、さらに輝きに磨きをかけているアンから目が離せない!(文・寺井多恵)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?